Red Hat トレーニング

個人やチームへの投資

個人のスキルまたはチームのスキル向上に効果的な、IT 技術者と開発者を対象とした実践的なロールベースのトレーニングです。Red Hat® Enterprise Linux®、Red Hat JBoss® Middleware、Red Hat Enterprise Linux OpenStack® Platform などの主なタスクを修得できます。

成功への道のり

スマートな投資がよりスマートなチームを作る

スタッフは最も貴重な資産です。スタッフの有するテクノロジーのスキルと知識は、ビジネスの成功に直結します。Red Hat は、世界中の 200 万人近い受講者が Red Hat テクノロジーを最大限に活用できるよう支援してきました。Red Hat トレーニングの実践的なタスク重視のコースを受講し認定を受けることで、IT チームは現実世界の変化をより的確かつ迅速に反映するために必要なスキルを身につけることができます。

トレーニング方法を見る

Red Hat トレーニングの価値

習得する最良の方法は実践すること

実際の業務に備える

実践的な学習アプローチでは、コースのほぼ 80% でキーボードに向かい、日常的に使用するスキルの習熟度を最大限に高めます。Red Hat のトレーニングを体験してください

コース一覧

トップレベルを目指す

製品エキスパートがさまざまな職務のスタッフを支援するために考案した世界最大級の Linux および JBoss カリキュラムによって、チームを Red Hat テクノロジーのトップレベルに引き上げます。

カリキュラム別コース

スキルの証明

受講者の真の能力を実証する目的で作成された、実際の作業に基づく認定試験により、特定のテーマに関するスタッフの技能を証明します。

Red Hat 認定資格

Red Hat JBoss トレーニングクラスの修了後、Red Hat JBoss ソリューションを最大限に活用できるようになるとともに、ミドルウェア環境への理解が深まり、保守やトラブルシューティングを効果的に行う能力が得られたと感じました。

テネシー州 ミドルウェア、ビジネスインテリジェンス、試験チームリーダー、OIR James Elkins 氏詳細はこちら

トレーニングパス

Red Hat テクノロジー習得への道のり

Red Hat は、Red Hat Enterprise Linux、Red Hat JBoss、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform、Red Hat の OpenShift Enterprise などの多種多様なテクノロジーに関するトレーニングを提供しています。

詳細はこちら

リソース

トレーニングに必要な情報

受講したいトレーニングの調査や登録作業の負担を軽減するために、Red Hat がさまざまな方法でお手伝いいたします。

スキルチェック
お客様の経験、技術レベル、目標に応じて個別のトレーニングパス計画を提示します。
Student center
データシート、ウェビナー、トレーニングビデオなどを集めた、ワンストップのリソースリポジトリです。
e ニュースレター
Red Hat トレーニングニュースレターは、Red Hat テクノロジーを最大限に活用するための情報やサービスについてお知らせする、月刊 e ニュースレターです。ぜひご購読ください。
学習方法
トレーニングのニーズやスケジュール、予算に応じたさまざまな学習方法をご提供します。
所在地
最寄りの Red Hat トレーニング施設の所在地をご確認ください。

Red Hat アカデミー

教育機関向け Linux アカデミックカリキュラム

Red Hat アカデミーは、世界中の高校および高等教育機関の教育プログラムに、Linux® アカデミックカリキュラムを実施するためのテクノロジーとサポートを提供しています。

Web 上で完全に展開および管理されるプログラムである Red Hat アカデミーは、実践的な指導、カリキュラムとラボ、実技テスト、講師サポートなど、Linux カリキュラムプログラムを開始して維持するのに欠かせないすべての要素を教育機関に提供します。

詳細はこちら

Red Hat トレーニングに関するその他の情報

お問い合わせ
OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下に使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。