JB348

JBoss Application Administration II

情報を表示しています:

JBoss Enterprise Application Platform 6 の大規模なデプロイを管理する

JBoss® Application Administration II (JB348) を受講することで、経験豊富なシステム管理者が大規模な本番環境での Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 6 のプロビジョニングと管理に備えることができます。

コース概要

クラスタリング、パフォーマンスチューニング、エンタープライズ アプリケーションプラットフォームインスタンスのセキュリティ保護、トラブルシューティング、修正プログラムの適用について学びます。これは、JBoss Application Administration I (JB248) の後続コースです。

学習内容サマリー

  • JBoss Enterprise Application Platform 6 とオプションのコンポーネントをインストールする
  • チューニングを中心にクラスタリングについて学ぶ
  • 本番環境とクラウド環境にデプロイする
  • CLI を使用してスクリプトを作成する
  • Enterprise Application Platform のリソースを監視および管理する
  • HornetQ メッセージングシステムを管理、クラスタリング、およびチューニングする
  • 認証、承認、ネットワーキング、管理インターフェースなどのセキュリティ設定を行う

対象者と前提条件

  • 経験豊富なシステム管理者で、大規模な本番環境において JBoss Enterprise Application Platform 6 のデプロイおよび管理を担当している方
  • JBoss Enterprise Application Platform 管理者として 2 年以上の経験を持つ方
  • Red Hat Certified JBoss Administration (EAP 6) の資格を有する方

受講の前提条件

注: EAP 5 と EAP 6 とでは管理および運用方法が大幅に変更されたため、このコースを受講する前に、JB248 コースを受講することを強くお勧めします。

学習内容

この実践的な演習を主体としたコースでは、以下の作業について学び、実行します。

インストール
適切なインストールメディアで、 Red Hat® JBoss® Enterprise Application Platform 6 の繰り返しかつアップグレードが可能なサイレントインストールを行います。
クラスタリング
クラスタリングコンポーネントとその設定、およびクラスタ化されたアーキテクチャーへの適用に関する熟練した知識を証明します。
デプロイ
さまざまな種類の本番環境でアプリケーションをデプロイします。
スクリプト作成
コマンドラインインターフェース (CLI) を使用して、さまざまな設定および管理シナリオのスクリプトを作成します。
管理
さまざまなツールを使用して、JBoss Enterprise Application Platform を監視および管理します。
メッセージング
サポート対象のメッセージングシステムの管理方法を学習します。
セキュリティ
認証、承認、ネットワーキング、管理インターフェースなどのセキュリティ設定を行います。
JBoss Operations Network の概要
JBoss Operations Network の機能とその使用事例について学習します。JBoss Operations Network サーバー、エージェント、エージェントプラグインのインストール方法についても取り上げます。
リソースの監視
JBoss Operations Network を利用して、アラート、ベースライン、通知の定義など、管理対象リソースの監視方法を学習します。

: 学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、お電話 (米国: 1-866-626-2994) またはオンラインでトレーニングスペシャリストにお問い合わせください。

Rocket Fuel