JB421

Camel Development with Red Hat JBoss Fuse

情報を表示しています:

Apache Camel を使用してエンタープライズ統合パターン (EIP) ベースのアプリケーションを開発、実装、テスト、およびデプロイする方法の学習

Camel Development with Red Hat JBoss Fuse (JB421) は、Java 開発者およびアーキテクトを対象とした実践演習形式のコースです。Apache Camel、および Camel 開発のサポートで Red Hat が提供する拡張機能や各種ツールについて学習します。

コース概要

Camel 開発の構成は以下のとおりです。

  • 1 つまたは複数のプロセッサーおよびエンドポイントによる処理のシーケンスまたはフローを定義するルート
  • Camel フロー内でメッセージの送受信、解釈、および変更を行うプロセッサー
  • メッセージの送受信によって外部とのやりとりを行うエンドポイントの作成を可能にするコンポーネント

受講者は、Camel を使用してエンタープライズ統合パターン (EIP) ベースのアプリケーションを開発、実装、テスト、およびデプロイするために必要なスキルを学びます。また、このコースは、Red Hat エキスパート試験 ーCamel Developmentー (EX421) の準備に役立ちます。

コース概要

  • Camel ルートの構築と実行
  • Camel による統合ソリューションの開発
  • Camel でのデータ形式の変換
  • Camel および Spring Beans を使用したルーティング処理の実装
  • 外部とのやりとりを行うコンポーネント (デフォルトおよびカスタム)
  • JUint およびテストコンポーネントを使用した Camel ルートのテスト
  • ルート実行中のエラー処理の実装
  • Fuse Fabric を使用したエンタープライズ統合
  • パフォーマンスの向上から見たルートのスレッド
  • カスタム Camel コンポーネントの開発

コースの対象者と前提条件

  • Camel の使用方法、EIP の実装方法、および Camel Fabric を使用してカスタムコンポーネントを公開する方法を学習する必要がある Java 開発者およびアーキテクト
  • このコースの以前のバージョン (2014 年 8 月以前のコース) を受講したことがあり、更新された Red Hat エキスパート試験 ーCamel Developmentー (EX421) の準備を行いたい方

このコースを受講するための前提条件

  • Java の理解
  • Java 開発ツール (Maven および Eclipse)
  • Spring Framework の基本知識
  • Apache Maven の基本知識および使用経験

このコースの概要

Camel の概要
Camel、Camel アーキテクチャーのメインコンポーネント、および Camel によって実装された EIP を使用するタイミングの理解
Maven および Fuse IDE を使用した Camel アプリケーションの開発
Maven を使用した Camel プロジェクトの作成
Camel でのデータ形式の変換
ルーティング処理中の Camel でのデータ形式の変換
beans の使用
Spring ファシリティを使用した Camel アプリケーションの起動
Camel の主要コンポーネント
特殊な使用事例に対応するために Camel で利用できるデフォルトエンドポイントのカスタマイズ
Camel アプリケーションのテスト
Camel および Spring ファシリティを使用したテストケースの作成
エラーの管理
Camel でのルーティング処理中に発生したエラーを管理して、再試行および代替ルーティング処理を実行する
スレッドおよびトランザクション
マルチスレッドルートを使用して、Camel アプリケーションのパフォーマンスを向上させる
Camel と Fabric の統合
Camel Fabric を使用した大規模なデプロイ事例の管理
カスタム Camel コンポーネントの開発
顧客のニーズに合わせた Camel コンポーネントの作成
Camel の復習
Camel について学習した内容の確認

推奨される次の試験またはコース

Red Hat エキスパート試験 ーCamel Developmentー
Red Hat JBoss Fuse Camel フレームワークおよび API に基づいてエンタープライズ統合サービスを作成および保守する能力を証明する必要があります。