JB435

Enterprise Service Bus Deployment with Red Hat JBoss Fuse

情報を表示しています:

Red Hat JBoss Fuse を使用した OSGi ベースのアプリケーションの設計、開発、およびデプロイ

Enterprise Service Bus (ESB) 構築のデプロイに特化した Red Hat® JBoss® Fuse トレーニングは、Java 開発者およびアーキテクトを対象とした実践コースです。このコースでは、Apache ServiceMix の商用サポートディストリビューションである Red Hat JBoss Fuse について学習します。

コース概要

以下のような Red Hat JBoss Fuse の機能を使用して、OSGi ベースのアプリケーションの設計、開発、およびデプロイにおけるコア概念を開発およびデプロイする上で必要なスキルを習得します。

  • バンドル管理
  • 開発者向けツール
  • Fuse 管理コンソール (FMC) および Fuse IDE を使用した、Fuse Fabric による管理機能

コース内容の概要

  • Red Hat JBoss Fuse アーキテクチャー
  • バンドル: 構造、ツール、および状態遷移
  • JBoss Fuse コマンドライン: サブシステム、ヘルプ、およびシェル
  • OSGi のコア機能の利点
  • OSGi の基本的な概念と使用法
  • FMC および Fuse IDE を使用した、Fabric による エンタープライズ管理

このコースの対象者

Java 開発者およびアーキテクト対象。このコースでは、Fuse Mediation Router を使用したエンタープライズ統合プラットフォーム (EIP) の実装方法を学びます。

このコースを受講するための前提条件

  • Spring Framework および Java 開発ツール Ant、Maven、Eclipse を含む Java の知識
  • Apache Maven の基本知識

Red Hat JBoss Fuse の概要

アーキテクチャー、主なサブシステム、他の製品との依存関係など、JBoss Fuse/OSGi 環境の基盤となる主要な概念を学習します。

Red Hat JBoss Fuse のインストール、構築、および設定

JBoss Fuse ツールを検索、インストール、構築 (オプション)、およびデプロイする

製品フォルダ構造を確認し、その構造と製品使用との関係を理解する

JBoss コマンドラインインターフェースを使用した検出およびプロビジョニング

コマンドラインを使用して、JBoss Fuse の各種サブシステムを実行する

システムアーキテクチャーの各種機能の利点を確認する

高度な OSGi 機能の使用

OSGI バンドルの概念を使用して、クラスローディング問題を解決する

Red Hat JBoss Fuse および Karaf を使用したアプリケーションの開発

Maven ツールを OSGi アプリケーション開発に関連付ける

OSGi プロジェクトを作成する

Fuse Application Bundle の理解

OSGi バンドルと Fuse Application Bundle の相違点と利点を理解する

Red Hat JBoss Fuse および Fabric を使用したエンタープライズ管理と統合の簡素化

JBoss Fuse ベースの統合ソリューションに関するエンタープライス管理の課題を識別する

JBoss Fuse ツールを使用して、サーバの構成管理を簡素化する方法を学習する


注: コース概要は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、トレーニングスペシャリストにお問い合わせください