JB437

Red Hat JBoss A-MQ Development and Deployment

情報を表示しています:

JMS および Apache ActiveMQ に関連する基本概念の理解

Red Hat JBoss A-MQ Development and Deployment (JB437) は、Java 開発者とアーキテクトを対象とした 2 日間のコースで、Java Message Service (JMS) および Apache ActiveMQ に関連した主な概念を理解することを目的としています。

コース概要

次のような、異機種混合環境での Apache ActiveMQ (A-MQ) の使用方法と Web アプリケーション開発用としての Apache ActiveMQ (A-MQ) の使用方法を学習します。

  • トポロジ
  • プロトコル
  • メッセージグループの仮想宛先
  • フェイルオーバー
  • 高可用性 (HA)

コースの対象者と前提条件

Fuse Message Broker を使用してメッセージ指向ミドルウェアを使用した統合ソリューションを構築する方法を学習する必要がある Java 開発者およびアーキテクト

このコースを受講するための前提条件

  • Java 開発ツール (Ant、Maven、Eclipse など) をはじめとする Java についての十分な理解
  • 分散システムの概念 (SOA、WebServices) と、それに関連した標準 (SOAP、XML、WSDL、JMS) についての基本知識

このコースの概要

  • Apache ActiveMQ の概要
  • Java Message Service の概要
  • インストールと基本操作
  • ブローカーの設定、実行、および監視
  • トポロジと使用事例
  • ActiveMQ を使用したトランスポートの設定
  • メッセージグループとセレクタの使用
  • 仮想宛先の使用
  • QoS 機能 (フェイルオーバー、スケーラビリティなど)
  • ブローカーネットワークとコレクション
  • 異機種混合環境での ActiveMQ の適用

: コース概要は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、お電話 (米国: 1-866-626-2994) またはオンラインでトレーニングスペシャリストにお問い合わせください。