RH134L

Red Hat System Administration II - Online Labs

情報を表示しています:

Red Hat システム管理 II で学ぶ基本的な実践作業を習得するための追加のオンラインラボ

これらのオンラインラボは、Red Hat® Enterprise Linux® 7 に関連しています。Red Hat システム管理 II オンラインラボ (RH134L) は、Red Hat オンラインラーニングの各コースに含まれている実践演習と同じ内容で、クラスルームトレーニングやバーチャルクラスルームトレーニングと変わらない高品質で堅牢な演習環境を提供します。

トレーニング/テストの方法

Red Hat は、教室、オンライン、お客様のオフィスなど、ご都合に合わせたトレーニング方法をご用意しています。

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

  • ラボ

トレーニング/試験の方法
期間:
80 時間
費用:
893.75 AUD or 3 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
€ 581 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
€ 581 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
Contact Partner
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
$725 or 3 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
€ 585 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
€ 585 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
€ 585 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
€ 585 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
€ 450 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
€ 450 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
56,700 JPY
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
210,000 KRW
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
Contact Partner
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
Contact Partner
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
€ 585 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
€ 581 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
€ 405 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
875 SGD or 3 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
€ 450 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
€ 585 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
€ 585 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
£420 or 2 トレーニングユニット
お申し込み
期間:
80 時間
費用:
$725 or 3 トレーニングユニット
お申し込み

コース概要

90 日間のサブスクリプションの期間中に、最大 80 時間のオンライン演習セッションにアクセスできます。演習の一覧については、概要を参照してください。

注: RH134L オンラインラボは、Red Hat システム管理 II (RH134) コースを補完するためのものであり、通常のトレーニングコースほど効果的ではありません。

コースの対象者と前提条件

実践的な演習を通して基本のシステム管理作業の練習にさらに時間をかけたいと考えている、Red Hat システム管理 II (RH134) コースを受講済みの受講生

このコースを受講するための前提条件

Red Hat システム管理 II (RH134)

このコースの概要

kickstart を使用したインストールの自動化
kickstart を使用して、Red Hat Enterprise Linux システムのインストールを自動化します。
grep での正規表現の使用
grep で正規表現を使用することで、テキストファイル内のコンテンツを迅速に抽出または検索できます。
vim を使用したテキストファイルの作成と編集
テキストファイルを開いたり、編集して保存したりできる vim テキストエディタを紹介します。
将来の Linux タスクのスケジュール
将来自動的に実行されるようにタスクをスケジュールします。
Linux プロセスの優先度の管理
Linux プロセス実行における相対的な優先度を変更します。
アクセス制御リスト (ACL) を使用したファイルへのアクセスの管理
POSIX アクセス制御リストを使用してファイルセキュリティを管理します。
SELinux セキュリティの管理
ネットワークサービスが感染した場合にシステムをセキュアに保つよう Security Enhanced Linux (SELinux) の動作を管理します。
ネットワーク定義のユーザーとグループへの接続
中央 ID 管理サービスを使用するようシステムを設定します。
Linux システムへのディスク、パーティション、ファイルシステムの追加
単純なパーティションとファイルシステムを管理します。
論理ボリューム管理 (LVM) ストレージの管理
コマンドラインから論理ボリュームを管理します。
ネットワークファイルシステム (NFS) を使用したネットワーク接続ストレージへのアクセス
(セキュアな) NFS 共有にアクセスします。
SMB を使用したネットワーク接続ストレージへのアクセス
autofs とコマンドラインを使用して SMB ファイルシステムをマウントおよびアンマウントします。
Red Hat Enterprise Linux のブート処理の制御とトラブルシューティング
ファイアウォールを使用したネットワーク通信の制限
基本的なファイアウォールを設定します。