お客様事例

ロシュの IT 研究センター、医薬アプリケーションを迅速に提供

医薬品および診断薬事業を行うロシュは、Pharma Informatics Madrid Site で設計されたエンタープライズ対応 Red Hat® ソリューションをデプロイしました。同社はマドリッドに優れた IT 研究センターを持ち、世界中のグループに IT サービスを提供しています。そのサービスを利用して、Pharma Informatics は柔軟性を高め、システムの管理および自動化を最適化し、アプリケーションの市場投入を早期化しました。

お客様の契約年度

2007 年

スペイン、マドリード

医療業界

目標

IT インフラストラクチャの効率化、ベンダーへの依存の回避、プラットフォームの柔軟性の向上、コストの削減を実現する。

ハードウェア

  • ロシュの既存アーキテクチャー

現在、当社は Red Hat JBoss Middleware が市場で最も重要な Java アプリケーションサーバーであると考えています。Red Hat JBoss Middleware を利用する企業は日々増えており、各社のイノベーションの飛躍的な発展に寄与しているということです。

ロシュ シニアミドルウェアエンジニア César Infantes 氏

広範囲にわたる運用を実現するために、グローバルな IT 研究センターにはスピードが必要

ロシュは医薬品および診断薬を扱う企業であり、研究開発によって医療関連の製品とサービスおよび画期的な診断薬の発見、開発、提供を行っています。こうした製品およびサービスでは、疾病の予防や早期発見から、診断、治療、観察まですべてを対象としています。

IT が戦略的ソリューションを提供

ロシュが Pharma Informatics Madrid Site に設置している IT 研究センターは、同グループのグローバル IT インフラストラクチャサービスのほとんどを収容しています。創設以来、6 つのグローバルデータセンターをサポートするとともに、以下の部門の主要なビジネスプロセス向けに戦略的ソリューションを提供してきました。

  • マーケティング
  • 流通
  • 財務
  • 人事

IT 研究センターは 100 件以上のプロジェクトをサポート

このマドリッドの IT 研究センターでは、ロシュのグローバル研究開発部門もサポートしており、同社の重要な国際プロジェクトの 100 件以上に参加しています。150 カ国 115,000 人以上のユーザーにコンピュータサービスとサポートを提供してもいます。また、同社の 8,000 台以上のサーバーと 200,000 台以上のコンピュータ、2,800 テラバイトを上回るストレージ容量という大規模なインフラストラクチャの保守も、この IT 研究センターの役割です。

ロシュは、同社の主要なバイオテクノロジー子会社である Genentech の 200 におよぶアプリケーションを含む、約 600 の Java アプリケーションをプラットフォームにデプロイしました。これらのアプリケーションをホストするアプリケーションサーバーは、IT インフラストラクチャに欠かせない要素です。そのため、このプラットフォームのアップグレードは慎重に進める必要がありました。

目標は市場投入の早期化

ミドルウェアプラットフォームの刷新を検討した際、ロシュは主要な目標を 2 つ立てました。1 つ目の目標はインフラストラクチャの効率向上です。これには、次のような課題がありました。

  • 開発者の作業負荷の軽減と市場投入の早期化
  • インフラストラクチャの供給の改善
  • 運用の最適化
  • Java アプリケーションの開発の促進

ベンダーのコストを削減

2 つ目の目標は、ベンダー依存を避け、プラットフォームの柔軟性を高めることで、IT マネージャーを支援することです。財務および購買マネージャーからはライセンスコストとプラットフォームコストの削減を求められたため、ロシュの IT マネージャーは、オープンソースという代替案に関心を示しました。同社は、10 種類のアプリケーションサーバーソリューションを評価した結果、Red Hat JBoss® Enterprise Application Platform を選択しました。このソリューションは信頼性とスケーラビリティに優れていることも証明されました。強力な機能を備え、総所有コストの削減を可能にします。

「2007 年には、多くの市場アナリストが、Red Hat JBoss Middleware がミドルウェア市場のリーダーになると予測しました。現在、当社は Red Hat JBoss Middleware が市場で最も重要な Java アプリケーションサーバーであると考えています。Red Hat JBoss Middleware を利用する企業は日々増えており、各社のイノベーションの飛躍的な発展に寄与しているということです」とロシュのシニアミドルウェアエンジニアの César Infantes 氏は述べています。

オープンソースが柔軟性とイノベーションの機会を提供

他の Java アプリケーションサーバーソリューションとともに、ロシュはそのメーカーのスタック全体を使用しなければなりませんでした。こうしたベンダー依存によって、コストが大幅に増加し、柔軟性やイノベーションが制限されていました。新しいプラットフォームの利点の 1 つは、Red Hat とその他のメーカーの異なるテクノロジーを組み合わせて使える点です。テクノロジーを併用することで、ビジネスニーズに応じてインフラストラクチャを拡張して、ビジネスニーズに対応できるようになります。

IT 研究センターは独自のインフラストラクチャを構築可能

「現在のプラットフォームでは、必要な Red Hat テクノロジーを選択し、他のプロバイダーのソリューションと組み合わせることで、さらに多くの機能を利用できます。テクノロジーとソリューションを組み合わせて、独自のインフラストラクチャを作成できるようになりました。これは、当社にとって非常に価値のあることです」とロシュの統合、ミドルウェア、およびアプリケーションサービス部門責任者、Justo Stoll 氏は言います。

「真の技術革新は、多くの異なる構成要素を組み合わせることで実現します。そしてそれを達成するには、Red Hat のような企業が提供する柔軟性とオープン性が必要です」と Stoll 氏は付け加えています。

IT 研究センターはアプリケーションをグローバルネットワークに迅速に提供

「マドリッドから、ロシュのグローバルネットワークにサービスを提供することができます」と Infantes 氏は話します。「当社にとって、アプリケーションを極めて迅速に配布することは非常に重要です。Red Hat と協力すれば、それが可能になります。ごく少数の管理者だけで、マドリッドにいるスタッフがヨーロッパと米国両方のすべてのデータセンターを管理できるのです。Red Hat ソリューションの強力な自動化機能と監視機能を利用して、インフラストラクチャ全体を制御下に置き、アプリケーションを市場に投入するまでの時間を短縮できました」

開発者のデプロイ作業を高速化

Red Hat Satellite は、システム管理プラットフォームです。Red Hat JBoss Operations Network は、アプリケーション管理および監視機能を提供します。この 2 つのソリューションを組み合わせることで、ロシュはインフラストラクチャのデプロイプロセスを自動化して標準化し、監視およびバックアップシステムと統合できました。開発者は、標準化された方法でソフトウェアをより迅速にデプロイできます。

以前と比較して、あらゆる種類のアプリケーション (Web、モバイル、病院、医薬品業界) の提供や変更に要する時間は大幅に短縮されました。現在は、ミドルウェア管理者 1 人あたり約 100 本のアプリケーションを管理しています。インフラストラクチャのデプロイ時間も、数週間単位から数日単位にまで短縮しています。

「当社の開発者の満足度は、以前より高くなりました」と Infantes 氏は語ります。「ほとんどの開発者がオープンソースソリューションによる開発の方を好むからというだけではありません。プラットフォームが非常に安定しており、より迅速かつ経済的にアプリケーションを完成させることができるからです」

コミュニティがイノベーションを実現

ロシュの IT チームは、画期的で革新的なオープンソースコミュニティも高く評価しています。何千人ものユーザーがオープンソースソフトウェアの改善に時間を費やしています。「オープンソースコミュニティによって絶えずイノベーションが行われています。テスト、検証、標準化の完了したイノベーションは、市場のニーズを満たす明確で詳細な製品ロードマップに従って、商用ソリューションに組み込まれます」と Infantes 氏は話します。

「優れたテクニカルサポートに加え、この成長を遂げている活発なコミュニティをサポートしている点も Red Hat の魅力です。これにより、プラットフォームの改善や問題の解決に必要なソリューションやアーキテクチャーを非常に簡単に見つけることができます。幸運にも、当社がテクニカルサポートを利用しなければならないことは頻繁には起こりませんでしたが、必要になったら知識が豊富で頼りになるスタッフに直接相談しています。以前使用していた Java ソリューションでは、3 次レベルのサポートに連絡してようやく問題を解決できる技術者が見つかるというありさまでした。しかし Red Hat なら、1 次レベルのサポートから非常に満足度の高いサービスを受けることができます」と Infantes 氏。

コンサルティングがプラットフォームを補強

Red Hat コンサルティングは、プラットフォームの構造を定義するときも、その構造をデプロイするときも、非常に重要な役割を果たしました。「当社のニーズおよびインフラストラクチャに適応する Red Hat ソリューションの機能を特に評価しています。Red Hat のエンタープライズ対応ソリューションは、当社のインフラストラクチャで使用している以前のソリューションとも他のベンダーの新しいソリューションとも効果的に連動します。その結果、イノベーションを実現するための柔軟性と能力がさらに向上しました」と Stoll 氏は説明しています。

ソリューションが規制当局の要件を満たす

製薬分野は絶えず進化しており、イノベーションは重要な要素です。また、米国食品医薬品局および欧州医薬品庁の積極的な管理によって高度に規制されている分野でもあります。Red Hat のオープンソースソリューションにより、ロシュはイノベーションと成長を短期間で実現しています。それと同時に、安全性に関する厳格な要件を満たし、義務を果たし、単一のサプライヤーへの依存を回避してもいます。「新しいソリューションを決定する前に、市場を調査し、当社のニーズや利用可能なさまざまな選択肢を分析しました。他の企業にも、選択肢を入念に見直し、自社のニーズに最適なソリューションを選択することをお勧めします。併せて、長期的なパートナーとなり、将来においても制約が生じることのないサプライヤーを選択することもお勧めします」と Stoll 氏は述べています。

ロシュは他の Red Hat ソリューションにも注目

「Red Hat との協力関係は今後さらに強くなると考えています。というのも、PaaS (Platform-as-a-Service) ソリューションをデプロイする予定があるからです。当社は現在、Red Hat の OpenShift の概念実証に参加しています。このソリューションが成長段階においてさらなる柔軟性と弾力性をどう提供するのか、プラットフォームを規模にどう適合させるのか、そして、ニーズに応じた調整をどう実現するのか評価しているところです。この評価期間を非常に楽しんでいます。Red Hat の OpenShift を実装できる日を心待ちにしています」と Stoll 氏は語っています。

詳細はこちら