Red Hat のテクノロジー

エンタープライズ向けのオープンソーステクノロジーを開発

インフラストラクチャ

あらゆるアーキテクチャーに求められる、安全で信頼性の高い基盤

  • 最新化

    セキュアな環境を保ち、少ないリソースでより大きな効果を実現しながらビッグデータを有効活用します。

  • 標準化

    標準的なオペレーティング環境を構築し、コストの削減、スタッフの生産性の向上、急増する IT の需要管理を実現します。

  • 仮想化

    効率を向上させ、リソースを解放して、ベアメタルと同等以上の仮想化パフォーマンスを実現します。

インフラストラクチャについて
YTL Communications の導入事例

Red Hat は、マレーシアの教育環境の改善に努める YTL Communications を支援しています。

Infrastructure-as-a-Service

IT サービスの提供を高速化し、革新により多くの時間を費やす

  • 自動化

    プロビジョニングを自動化し、適切なインフラストラクチャを数ヵ月ではなく数分でユーザーに提供します。

  • 使用量に応じた支払い

    パブリッククラウドにアクセスしてオンデマンドで使用し、使用量に応じて料金を支払います。

  • コントロールを維持

    IT リソースの使用、リスク、およびコンプライアンスの制御を維持します。

IaaS について
ドリームワークス

ドリームワークスアニメーションは、Red Hat でプライベートクラウドを構築しました

Platform-as-a-Service

高速なアプリケーションの提供

  • 業務に即した選択

    開発者が好む言語、フレームワーク、およびデータストアを選択できます。

  • 生産性の大幅な向上

    ワークフローを合理化することにより、開発者の生産性を向上させます。

  • プラグイン

    将来のテクノロジーに組み込み、新たなイノベーションを活用します。

PaaS について
デルの導入事例

カシオは、Red Hat によって自社のコア IT インフラストラクチャを強化しています。

アプリケーションの統合と開発

革新的なアイデアを、ビジネスの価値へと迅速に変換する

  • 統合化

    最新のミドルウェアサービスを用いて、新しいアプリケーション、データ、およびデバイスを既存のアプリケーションやプロセスと統合します。

  • 迅速なデプロイ

    新しいアプリケーションを迅速にデプロイし、さまざまなインフラストラクチャのクラウドサービスを一元管理します。

  • どこでも実行可能

    さまざまなインフラストラクチャ上で実行できる、移植性と拡張性に優れたモジュール式アプリケーションを設計できます。

アプリケーションについて
ロシュの成功事例

Red Hat の製品により、ロシュは それまで3 週間かかっていたアプリケーションの配信時間を 3 日に短縮できました。

Red Hat 製品

次世代 IT のための、安全かつサポートされたテクノロジー

イノベーションに対応する信頼性の高いプラットフォーム

急増するビジネスニーズに対処するために、テクノロジーを適応させる必要があります。多くの企業にとって、これは既存のシステムの廃棄やリプレースを意味します。戦略としては、非効率的でコストがかかるものです。こうしたシナリオを回避するには、既存のシステムの上にプラットフォームを構築し、ビジネスとともに成長させていく必要があります。

これは最も複雑なワークロードに対して、安定し、安全かつ信頼性の高い基盤である必要があり、クラウドやビッグデータのような将来の課題を引き受けるのに十分な俊敏性も求められます。

Linux プラットフォームについて

新たなビジネスの光明

営業担当者は、矛盾した情報や品質の悪い Web サイト、アプリケーションのパフォーマンス、柔軟性のないシステム、非効率的なプロセスなどに悩まされています。Red Hat® JBoss® Middleware は、新規顧客を獲得し、ビジネスを軌道に乗せるよう手助けします。

JBoss Middleware について

記録的な仮想化のパフォーマンス

仮想サーバーは物理サーバーよりもコストが安く、新たな設置場所を用意する必要もありません。また稼働率や効率性、障害復旧の能力も向上します。プロプライエタリなソリューションに囲われてしまう前に、Red Hat Enterprise Virtualization の記録的なパフォーマンスベンチマークをご確認ください。[1] ニーズに合わせて拡張でき、一元化された仮想化マネージャを備えています。プロプライエタリなベンダーと比較して、わずかなコストで OpenStack® 導入の入り口を提供します。[2]

仮想化について

現状維持からの脱却

競争を勝ち抜くには、革新が必要です。オープンハイブリッドクラウドアプローチは、日常の業務を合理化し、IT のコストを低減するので、革新により多くの時間を割くことができます。物理、仮想、およびクラウドインフラストラクチャのリソースを組み合わせ、安全で拡張性の高い IT 環境を構築することができます。既存の投資のうち、機能するものはそのまま維持し、機能しないものは変えていきます。その結果、より高い効率性や俊敏性、および生産性を実現できます。

オープンハイブリッドクラウドアーキテクチャーの構築は簡単なものではありませんが、Red Hat はそれを成し遂げることができます。

クラウドについて

ビッグデータは大きなチャンス

データが構造化されないまま増え続けると、管理やアクセス、使用が困難になっていきます。しかし、ビッグデータを活用しないということは、大きなデメリットを意味します。従来のハードウェアベースのストレージには限界があります。オープンなスケールアウト型の software-defined storage である Red Hat Storage を使用すれば、その限界を突破することができます。

ストレージについて

Red Hat のお客様

業種別テクノロジー

どの業界も課題を抱えています。重要なのは、それらをいかに解決するかです。

金融サービス

チャンスを収益化し、利益幅を保護して、オープンでセキュアなクラウドを構築します。

行政機関

コストを削減し、セキュリティ、透明性、国民参加、およびコラボレーションを改善します。

医療およびライフサイエンス

セキュアでオープンな IT インフラストラクチャにより、安全で高品質な患者ケアを提供します。

通信

より優れた、より革新的な製品を開発し、より速く市場に投入できます。

業種別テクノロジーについて

知見とアイデア

* http://www.linuxfoundation.org/news-media/announcements/2014/03/linux-foundation-releases-first-ever-collaborative-development OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下に使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。