クラウドコンピューティング

Red Hat Directory Server

身元情報の集中管理

パートナー、サプライヤー、顧客関係へのアクセスを簡単に管理

複数システムへのユーザーアクセスの管理には課題がつきものです。UNIX 環境では、ローカルに保存された情報に基づいてアクセスを提供する場合、システム数やユーザー数が増えると管理が難しくなります。Red Hat® Directory Server など Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) ベースのディレクトリにユーザー情報を保存すると、システムは拡張性が高く、管理可能で安全になります。

データシートの詳細を見る

利点

高度なセキュリティ

  • 高い制御

    ユーザー ID、グループメンバーシップ、ロール ID、IP アドレス、ドメイン名、またはパターンベースのルールに基づく制御など、集中的かつ詳細なアクセス制御

  • データ保護

    属性値レベルに至る制御によりディレクトリデータへのアクセスを制限

  • 複数のアクセス方式

    匿名によるアクセス、またはユーザー ID とパスワードもしくは X.509v3 公開鍵証明書などの認証方式経由のアクセスを許可

  • ポリシーレプリケーション

    セキュリティポリシーがデータとともにレプリケーションされるように、各エントリのアクセス制御リスト (ACL) 情報を格納

  • 証明書ベースの認証

    Red Hat Certificate System と併用した場合、強力な証明書ベースの認証のための基盤を提供

製品の詳細

ネットワークベースのレジストリに身元情報を一元化

任意のコンピュータからの作業が可能に

Red Hat Directory Server は、オペレーティングシステムから独立した、ネットワークベースのレジストリで、管理者は次のようなユーザー ID およびアプリケーションの情報を一元的に格納できます。

  • アプリケーション設定
  • ユーザープロファイル
  • グループデータ
  • ポリシー
  • アクセス制御情報

アプリケーションは、ユーザーのデスクトップにある個別のファイルを読み取る代わりに、ディレクトリにプリファレンスを格納してそれを取得することで、ロケーションからの独立性を実現できます。これにより、ユーザーはあたかも自身のデスクトップ上であるかのように、任意のコンピュータで仮想的に作業できます。また、IT 管理者は、情報を利用するアプリケーションのサイズや数に関係なく、ユーザーの資格情報とプロファイルを 1 つの場所で管理できます。

Red Hat Directory Server によって他の企業にどのようなメリットがもたらされたかを確認する

可用性の向上

会社全体のデータの 4-way マルチマスターレプリケーションは、高可用性の実現に役立ちます。複数のマスターサーバーをデプロイすることで、単一障害点としての書き込みの可用性を排除します。Red Hat Directory Server はまた、ディレクトリがオンラインになっている間のバックアップ、設定変更、スキーマの更新、インデックス作成、データの復元を可能にして、管理および保守のダウンタイムを最小限にします。

これまで、マルチマスターレプリケーションは、当社にとって大きな問題でした。この問題は、Red Hat Directory Server により完全に解決されました。学生、教職員、スタッフは、パスワードを効率よく、安全に変更できるため、本来の職務に集中できるようになりました。

Michael Pettinicchio 氏、システム管理者、ダートマス大学

簡単な管理

Red Hat Directory Server は、データの冗長性を除去し、データの保守を自動化することにより、ユーザー管理を簡素化します。4-way マルチマスターレプリケーションはまた、ディレクトリ導入の設計をより柔軟なものにします。レプリケーションの監視とトラブルシューティングのためのスクリプトを使用すると、管理者のプロセスが簡素化されます。更新は 1 つまたは複数のディレクトリに同時に適用可能で、変更は自動的に他の参加サーバーに適用されます。

低い管理コスト

サービスとサポート

テクノロジーを売るだけでなく、充実したサービスとサポートを提供

ご自身やチームのスキルへの投資

Red Hat のトレーニングコースは実践的かつロールベースの内容となっています。コースの約 80% はキーボードに向かう形でおこなわれ、日常的に使用するスキルを最大限に習得することができます。便利なトレーニング方法割引、世界各地のトレーニング会場をご用意しています。Red Hat の Student Center にアクセスして、トレーニングの詳細やトレーニングの成功事例をお読みください。

Red Hat Server Hardening (RH413)

セキュリティポリシー要件を満たすよう、Red Hat Enterprise Linux® システムのセキュリティを強化します。

Red Hat トレーニングの詳細

協力して、より多くを成し遂げる

「コラボレーション」は、オープンソースコミュニティの柱です。サポートに対する Red Hat のアプローチでもあります。Red Hat サポートでは、受賞歴のある Red Hat カスタマーポータルから業界をリードする技術リソースをオンラインでいつでもご利用できます。

お客様の声

The Open Source Way (オープンソースウェイ) を基本概念として、Red Hat はお客様の声を大切にしています。すでに Red Hat 製品をお使いの方も、これから使い始めるために詳しい情報が必要な方も、お気軽にお問い合わせください。

営業担当者へのお問い合わせ
Red Hat の営業担当者は、豊富な知識と親身な態度でいつでもお客様をサポートいたします。
Red Hat パートナーの検索
Red Hat Directory Server または関連アプリケーションを販売している Red Hat パートナーを検索できます。

Red Hat Directory Server の詳細について、お気軽にお問い合わせください。

営業へのお問い合わせ