Infrastructure-as-a-Service

より高速な IT サービスの提供によって、より迅速なイノベーションを

俊敏かつ迅速に対応できる IT 部門こそが、常に変化を続けるビジネスやユーザーの要求を満たすことができます。

パブリッククラウドか、プライベートクラウドか

Infrastructure-as-a-Service (IaaS) と自動プロビジョニングを使用すれば、自社の問題を社内で解決できます。IT リソースへのセルフサービスとオンデマンドアクセスによって、ユーザーは、わずか数分でツールの作成やツールへのアクセスが可能になります。

パブリッククラウドは、使用量に応じて料金を支払うため、オンデマンドで必要な分だけ利用することができます。ビジネスポリシーでアクセスを制御し、重要なアプリケーションやツールのセキュリティを維持することができます。また統合管理によって、IT 部門は、複雑な環境でも効率的にユーザーの要望に応えることができます。

利点

すべてのアプリケーションを連携させることで、ビジネスの課題解決に集中できます。

  • オンデマンドサービス

    ポリシーベースの管理によるセルフサービスを提供します。

  • 一元管理

    ハイブリッド環境でも、単一の管理インターフェースで効率と可視化を向上させることができます。

  • 効率的なリソース管理

    ビジネスニーズに基づいてリソースを割り当てることができます。

  • 相互運用可能なシステムと移植可能なアプリケーション

    異種混在の物理、仮想、クラウドのプラットフォームをサポートします。

製品

IaaS を利用したビジネスへの移行に利用できる主な製品

オープンソースを利用し、Red Hat をパートナーに選んだことで、ここ数年、アーティストへのリソース提供プロセスを劇的に改善できました。

DreamWorks Animation 主席エンジニア Lans Carstensen 氏 詳細はこちら

オープンハイブリッドクラウド

クラウドの到来。クラウドの導入は、明日への備えを意味します。

知見とアイデア

* http://www.linuxfoundation.org/news-media/announcements/2014/03/linux-foundation-releases-first-ever-collaborative-development OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下に使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。