インフラストラクチャ

堅牢な IT 基盤

オープンソースソフトウェアは、ビジネスの手法に変化をもたらします。ベンダーやシステム、ソフトウェアを自由に選択することができます。既存のリソースも活用し、生産性を高める新しい方法を見い出すことも可能です。

今、クラウドへの準備が整っていなくとも心配は要りません。

Red Hat® ソリューションで標準化された基盤、すなわち Linux® オペレーティングシステム、仮想化、ストレージにより、現在のリソースを使用しながら、秩序なく拡張されたシステムを統合できます。

今日必要なツールを提供しつつ、将来にわたっても有効活用できるテクノロジー基盤を構築しましょう。

IT 変革への道

境界のないプラットフォーム上にインフラストラクチャを構築

モダナイゼーション

Red Hat Enterprise Linux で IT インフラストラクチャをモダナイゼーションすることで、総所有コスト (TCO) を削減し、IT スタッフの効率を改善します。

標準化

Red Hat Enterprise Linux を標準化することで、稼働率の向上と新しいシステムのデプロイ時間の短縮を実現します。

仮想化

データセンターを仮想化することで、変化し続けるビジネス部門からの要求に迅速に対応できる柔軟性を獲得します。

リアライズ

必要に応じてアプリケーションに対して、コンピューティングやネットワーキング、さらにはストレージリソースを割り当てられるテクノロジーで、インフラストラクチャを構築します。

利点

理想のビジネスを構築できる堅牢な基盤

  • データセンターのモダナイゼーション

    急速に変化する IT に、タイムリーに対応します。

  • 急増する IT 需要の管理

    運用コストを削減すれば、限られた予算でより多くのことができます。

  • クラウドとビッグデータへの備え

    いつでも革新的なテクノロジーを導入できます。

  • セキュリティの維持

    重要なシステムに必要なセキュリティ、アクセス制御、および信頼性を提供します。

製品

安定性、安全性、柔軟性に優れたプラットフォームの構築の基礎となる Red Hat 製品

Red Hat Enterprise Virtualization のベータトライアル開始直後から、大きな改善が見られました。

Horizon Power SCADA コーディネーター Bob Good 氏詳細はこちら

オープンハイブリッドクラウド

クラウドの到来。クラウドの導入は、明日への備えを意味します。

知見とアイデア

* http://www.linuxfoundation.org/news-media/announcements/2014/03/linux-foundation-releases-first-ever-collaborative-development OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下に使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。