OpenShift Commons Gathering

全セッションコンテンツ公開!

本イベントはOpenShiftのユーザー、パートナー、技術者などOpenShiftに関わる方のコンソーシアムです。コンテナ基盤としてデファクトとなりつつあるKubernetes技術をエンタープライズ向けに機能・サービスを拡充させ、世界で2000社以上に採用されたリーディング製品であるOpenShiftがこれまでどのように企業変革に貢献したか、そして将来どう変わっていくのか。コンテナ、Kubernetesは今まさに検討から実践の段階へ移ってきています。既にOpenShiftに関わる方も、今後ご検討されている方も、最新技術の今をこのイベントでご覧ください。

  • 開催日時: 2020年12月10日(木)12:00 - 18:00 開催終了
  • 開催形式: オンライン配信
  • 対象者: コンテナ技術(オーケストレーション基盤含む)などを検討するビジネス・ITリーダー、アーキテクト、IT運用管理者、アプリケーション開発者
    OpenShift製品・サービスの販売・導入・運用に関わるパートナー

ANALYST MATERIAL

ForresterがRed Hatをマルチクラウドコンテナ開発プラットフォームのリーダーに選出。

マルチクラウドコンテナプラットフォームの潜在顧客が、現行の製品と長期戦略の観点からさまざまなプロバイダを評価する際に役立つ、必読のベンダー評価です。

Contents

公開コンテンツ

General Session

Session #1 12:00 - 12:10

Welcome to the Commons
英語(日本語字幕)

Diane Mueller-Klingspor
Community Development Director, Red Hat

Session #2 12:10 - 12:30

Open Hybrid Cloud: Enabling Innovation
(英語字幕)

Ashesh Badani
Senior Vice President, Cloud Platforms , Red Hat

Session #3 12:30 - 13:05

特別講演

エンタープライズクラスのコンピューティング環境を
実現するRed HatとAWSのパートナーシップ

阿部 泰久 氏Profile
アマゾンウェブサービスジャパン株式会社
テクニカルパートナー本部 本部長

NECのデジタル変革への取組み
〜New Normal時代にむけて〜

菅沼 公夫 氏Profile
日本電気株式会社
先端SI技術開発本部 OSS推進センター センター長

コンテナビジネスのリーダーが築く、
OpenShiftのエコシステム

金古 毅Profile
レッドハット株式会社
常務執行役員 パートナー・アライアンス営業統括本部長

Breakout Session

Track 1Session #1 13:30 - 14:00

Cloud Nativeアプリケーションの基盤としての
OpenShiftとMiddleware Operator

須江 信洋Profile
レッドハット株式会社

Track 2Session #1 13:30 - 14:00

Cloud Native時代の
CIとCDのあり方

北山 晋吾Profile
レッドハット株式会社

Track 1Session #2 14:10 - 14:40

OpenShiftによるDX・クラウドネイティブ実現の為の最適解『C-Native』ご紹介

現在、ハイブリッド・マルチクラウドの活用が日本企業の間でも加速している。では、ハイブリッド・マルチクラウド戦略を実現するに当たり、その最適解とはどのようなものであるのだろうか。その回答を示すべく伊藤忠テクノソリューションズが新たなブランドとしてリリースしたのが「C-Native (シーネイティブ)」である。レッドハットのSREプラクティス・最新情報が随所に活かされたC-Nativeを企業が利用することで、自社のDX戦略にクラウドネイティブ機能を、クラウド・オンプレミス環境の区別なく盛り込むことができるのだ。セッションでは、C-Native OpenShiftサービスの概要を紹介するとともに、いかにしてOpenShiftの価値を最大化できるのかにも言及している。

一万田 真久 氏Profile
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

Track 2Session #2 14:10 - 14:40

適用例から紐解く
API管理の課題と解決策

新たなサービスや新たな価値を生み出すDXの要として、自社サービスを他のアプリ・サービスから呼び出すAPIの公開が、金融、公共、産業の各分野で加速している。APIを公開する際には、APIのライフサイクルを管理するための「API管理基盤」の導入が一般的である。そしてレッドハット製品において、API管理やデータ統合などに必要な機能をまとめたミドルウェアが「Red Hat Integration」であり、Webシングルサインオンおよび認証認可サーバの機能を提供するのが「Red Hat Single Sign-On」だ。セッションでは、日立製作所がレッドハットとの強固な連携や豊富な実績、高い技術力のもと、ある金融機関においてレッドハット製品を用いたAPI管理基盤を構築した事例について具体的に解説している。OpenShift上にAPI管理を構築する際の参考になるはずだ。

中村 雄一 氏Profile
株式会社日立製作所

Track 1Session #3 14:50 - 15:20

OpenShiftとCI/CDパイプラインで実現
三菱電機鎌倉製作所が挑戦する
ソフトウェア開発の高速化・高品質

久保田 博之 氏Profile
三菱電機株式会社

惣道 哲也 氏Profile
日本ヒューレット・パッカード株式会社

Track 2Session #3 14:50 - 15:20

OpenShiftで実現する、
AIサービサーとカスタマーをMECでつなぐ
映像解析AIプラットフォーム

佐藤 優 氏Profile
東日本電信電話株式会社

高野 奨太 氏Profile
東日本電信電話株式会社

Track 1Session #4 15:35 - 16:05

OpenShift x IBMがもたらす
ハイブリッドクラウド戦略

“ITの巨人”として長きに渡って業界をリードし続けているIBM。その同社ではいま、OpenShift&クラウドネイティブOpenShiftへと舵を切り、積極的な投資とともに強力な改革を進めている。その戦略も、ミドルウェア製品、ハードウェア製品そしてクラウド・サービスと、あらゆる領域でOpenShiftの価値を最大限に提供するという、IBMならではの包括的な内容となっている。さらにその上で、企業のOpenShift活用を支援するサービスの展開を進めるとともに、OpenShift普及を促進するOSSコミュニティーへの貢献にもより一層注力していくのだ。動画では“IBM×OpenShift”がもたらすハイブリッドクラウド戦略の詳細が語られている。ぜひ同社の“本気度”を感じていただきたい。

高良 真穂 氏Profile
日本アイ・ビー・エム株式会社

Track 2Session #4 15:35 - 16:05

パブリッククラウドでOpenShiftを安心・安全に
使いこなすためのアーキテクチャ

OpenShiftの特徴を端的に表現すれば、“よりスマートなKubernetesプラットフォーム”であり、そのスマートなOpenShiftをパブリッククラウド上でフルマネージドなかたちで提供するのがマイクロソフトの「Azure Red Hat OpenShift(ARO)」だ。AROは、同社とレッドハット、そして導入支援パートナーであるHPEとの3社による強固な協力体制のもと提供されているサービスで、Azureの様々な機能を活用することでエンタープライズに求められる環境も実現している。そしてフルマネージドであるため企業はアプリケーション開発に注力するとともに、クラウドならではのメリットを活かしビジネスバリューを創出できる。セッションでは、AROの概要を紹介した後に、エンタプライズでの本番利用に向けた設計の考慮点について、ベストプラクティスを踏まえて詳しく解説しているので、ぜひご覧いただきたい。

大溝 桂 氏Profile
日本マイクロソフト株式会社

惣道 哲也 氏Profile
日本ヒューレット・パッカード株式会社

Track 1Session #5 16:15 - 16:45

NECのデジタル変革への取組み
~生体認証・映像分析技術 X OpenShiftによる安全・安心の実現~

世界的な新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、感染防止の観点から「非接触」な生体認証に注目が集まっている。この生体認証技術において世界的に最先端を走り続けているのが日本電気(NEC)だ。同社は6種類もの生体認証それぞれで高い評価を受けており、コロナ禍のニーズに応えて顔認証のマスク対応も実現。生体認証・映像分析技術とサーマルカメラによる感染症対策ソリューションを展開している。そして情報を管理するための基盤となる「NEC Digital Platform」にOpenShiftを活用することで、ポータビリティとスケーラビリティなどを確立しているのである。セッションでは、具体的なOpenShiftの活用方法や工夫した点などが詳しく解説されている。OpenShift活用により社会の変化にスピーディなに対応することがいかに重要か、ぜひ知っていただきたい。

久冨 孝司 氏Profile
日本電気株式会社

Track 2Session #5 16:15 - 16:45

オンプレミス環境でOpenShiftを利用される方は必見!OpenShiftに最適なインフラプラットフォームのご紹介

積極的な機能・サービスの拡充により常に進化を続けるOpenShiftだが、ここに来てパブリッククラウドだけでなくオンプレミス環境でも使いやすい数々の新機能が提供されているのをご存知だろうか?。それらは、ハイブリッドクラウド運用や仮想化基盤との統合運用を可能にするとともに、運用負荷も軽減する。ただし、物理サーバーに関わる設定・作業には引続き対応が必要であるため、オンプレミス環境のコンテナ・インフラとして求められる要素がある点を忘れたはならない。動画では、最新のOpenShiftが備える“オンプレミス環境に優しい”新機能を紹介した後に、日本ヒューレット・パッカードが提供する「HPE Synergy」が、なぜ「OpenShiftに最適なインフラプラットフォーム」であるのか、数々の特徴を踏まえて解説している。まずはぜひご確認いただきたい。

原田 宗泰 氏Profile
日本ヒューレット・パッカード株式会社

Track 1Session #6 16:55 - 17:25

データパイプラインで輝く!!
OpenShiftで実行するAI/IoTワークロード

伊藤 拓矢Profile
レッドハット株式会社

EVENTS

関連イベント

  • Red Hat Forum APAC ハイライトセミナー
  • Red Hat OPEN(Online Partner Enablement Network)
  • OpenShift Commons
  • OpenShift の国内向けポータル Red Hat OpenShift
  • Red Hat OMPP
  • Red Hat Kubernetes Operator Project
  • OpenShift Community Japan

本イベントのお問い合わせ

レッドハット マーケティング イベント事務局
E-mail: event-jp@redhat.com