検索

日本語

日本語

言語を選択してください

ログイン アカウント

ログイン / 登録 アカウント

Web サイト

エグゼクティブリーダーシップチーム

Matt Hicks (マット・ヒックス)

エンジニアリング部門シニアバイスプレジデント

Matt Hicks は、Red Hat エンジニアリング部門のシニアバイスプレジデントです。Red Hat Enterprise Linux、JBoss Middleware ポートフォリオ、OpenStackOpenShiftAnsibleなどの製品を含めた Red Hat の全製品エンジニアリングを担当しています。彼は、1日に何百万ものアプリケーションと何十億ものリクエストをサポートする OpenShift OnlineOpenShift.ioOpenShift Dedicated といった Red Hat のホステッドサービスも担当しています。2005 年に Red Hat に入社した Hicks は、1 社の製品会社が今日のような数十億ドル規模の企業へと成長を遂げるのを経験しました。彼は OpenShift チームの創設メンバーの一人でもあり、それ以来ずっとクラウドコンピューティングの先頭に立っています。

Linux での 20 年以上の経験とコンピュータエンジニアリングのバックグラウンドを持つ Hicks は、インフラストラクチャとアプリケーションテクノロジーの結合に常に情熱を注いできました。Red Hat への入社前は、スタートアップとして、そして IBM で数年間、エンジニアリングの経験を積みましたが、同時に IT やコンサルティングでもさまざまな役割を果たしました。その幅広い経験により、Hicks は、IT のあらゆる分野でお客様や企業の問題を解決するためのテクノロジーを先導することができるのです。技術革新がオープンソース、Linux、コンテナに集中してきている中、Hicks は、今までの経験のおかげで、自分がテクノロジー業界の歴史の中で最もエキサイティングな時間の真っ只中に存在できるのだと考えています。

その他のエグゼクティブチームメンバー