言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

ニュース

会社概要

Red Hat の会社情報と、自由にご利用いただける画像およびビデオをご用意しています。

詳細はこちら

メディアおよびアナリスト専用窓口

ニュース

フィルター

閉じる

红帽公布行业领先的开源技术大会-红帽峰会的日程安排

  • 2013年 3月 26日
2013年3月21日—世界领先的开源解决方案提供商红帽公司(纽约证交所代码:RHT)今天宣布了行业领先的开源技术大会—红帽2013年度峰会的具体日程。这是红帽举行的第九届红帽年度峰会,将会有数千名与会者于2013年6月11日到14日齐聚波士顿的海因斯会议中心共建创新生态系统。今年的会议日程将以红帽以开放式混合云为中心的整个开源解决方案为重点。红帽2013年度峰会的日程和注册事宜请登录www.redhat.com/summit。 当今世界的联系正前所未有的密切。从智能手机到云,技术让世界各地的人们联系在一起,可以随时随地的与任何人一起工作,共同推动创新的发展。随着企业逐渐适应并接受这些变化,他们也要面对另一个技术的革命-即从硬件迁移到基于软件的基础架构。红帽2013年度峰会将探讨企业用户如何与创新生态系统连接来支持IT格局的这种风云变化。

Red Hat Collaborates with Code for America to Bring Further Cloud Enablement to City Governments

  • 2013年 3月 21日
Red Hat, Inc. (NYSE: RHT), the world's leading provider of open source solutions, today announced a collaboration with Code for America (CfA), a non-profit organization that partners with local governments to foster civic innovation, focused on using technology to increase civic engagement. The collaboration brings Red Hat’s OpenShift Platform-as-a-Service (PaaS) offering to CfA Fellows and partner communities free-of-charge to help achieve CfA’s goal of fostering collaboration between city hall and city residents and innovative problem solving through technology. With OpenShift, CfA Fellows... (詳細)

Red Hat Reinforces Java Commitment and Assumes Leadership of OpenJDK 6 Community

  • 2013年 3月 7日
Red Hat, Inc. (NYSE: RHT), the world's leading provider of open source solutions, today announced it has transitioned into a leadership role for the OpenJDK 6 project, effectively extending support for the technology and its users. The move reinforces Red Hat's commitment to the broader Java community and its future as a leading platform for mission-critical enterprise applications. In addition to taking on leadership of the OpenJDK 6 community, Red Hat maintains its role in setting the future direction for the OpenJDK project as an active board member, represented by Red Hat's long-time... (詳細)

The Red Hat Tour 2013: Transform Your IT

  • 2013年 3月 6日
Red Hat, Inc. (NYSE: RHT), the world's leading provider of open source solutions, today announced that it will host a 13-city tour of one-day events throughout Europe and the Middle East, kicking off on April 3 with presentations in Moscow, Russia. The event series will cover strategies and best practices from Red Hat experts and partners on approaches for transforming enterprise IT architecture using open source technology and migrating from physical to virtual and cloud solutions.

レッドハット、新会計年度より営業部門の組織変更と増強を実施

  • 2013年 3月 1日
  [2013年3月1日発表]    レッドハット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:廣川 裕司、以下レッドハット)は本日、新会計年度となる2013年3月1日付で、営業部門の組織変更と増強を行うことを発表いたしました。  3月からの新年度、仮想化、ストレージ、クラウドといった新しい製品群の拡販をより推進し、さらに複数製品を組合せたソリューションの提供を拡大していくことにフォーカスした製品主幹部門として「製品・ソリューション事業統括本部」を新設いたしました。  また、国内のオープンソースソフトウェアの市場をさらに活性化させ、パートナー企業との協業を強化していくため、パートナーやOEMなどのビジネスに関わる部門を集約し「パートナー・アライアンス営業統括本部」を設置いたしました。  レッドハットの新年度の営業部門体制は、以下のとおりとなります。   『製品・ソリューション事業統括本部』  常務執行役員 製品・ソリューション事業統括本部長  纐纈 昌嗣  (旧 常務執行役員 パートナー営業本部長)   『パートナー・アライアンス営業統括本部』  執行役員 パートナー・アライアンス営業統括本部長  古舘 正清  (旧 執行役員 OEM & アライアンス営業本部長)   『... (詳細)

Red Hat のニュースレターを購読する

「Red Hat Shares」 (現在英語版のみ) にお申込みいただき、テクノロジートレンド、オープンソースソフトウェア、最新の業界ニュースに関する Red Hat の見解をお読みください。

各誌の記事から

CRN Exclusive: Red Hat CEO が、次世代型オープンソーステクノロジーにより、売上が 50 億ドルに達する見通しであると発表
CRN: 2016 年 4 月 4 日
次世代型オープンソーステクノロジー、特に Docker コンテナと OpenStack クラウドオペレーティングシステムは、Red Hat を未来へと駆り立てるプラットフォームとなり、パートナーのビジネスを拡大させるだろうと、Red Hat CEO の Jim Whitehurst (ジム・ホワイトハースト) は CRN に対して述べた。「Red Hat を次の段階に駆り立てるものはオープンソースであり、選択の余地はありません」とジム・ホワイトハーストは述べる。「Red Hat の役割は、法人のお客様がオープンソースを利用できるようにすることです」ジム・ホワイトハーストによると、現在では、イノベーションはオープンソースの分野で起こるのが一般的であり、開発者は、大規模なコミュニティとさまざまなコントリビューターを活用することができる。「オープンソースは、これまでお客様のコスト削減を可能にしてきましたが、現在では、新たなアーキテクチャを構築することがオープンソースにおいて主要な問題となっています」と彼は述べている。
無償: Red Hat は、RHEL (Red Hat Enterprise Linux) を開発者に無償で提供
InfoWorld: 2016 年 4 月 1 日
Red Hat がオープンソース企業として 20 億ドルの収益を達成するという成功を収めたこと、それがこのエンタープライズ向け Linux ベンダーが、前例のない行動、すなわち、主力製品である Red Hat Enterprise Linux を、あらゆる開発者に無償で提供するという行動を取ることの原動力になったことは明らかだ。開発者は、E メールアドレスと、その他の連絡先情報を提供するだけで、Red Hat に登録し、RHEL (Red Hat Enterprise Linux) サブスクリプションを完全な形で利用できる。ただし、技術サポートはなく、本番環境用では利用できない。
Red Hat: DevOps トレーニングの利用が容易に
Channelnomics: 2015 年 4 月 7 日
チャネルパートナーは、これまでサブスクリプショントレーニングサービスにおけるビジネスチャンスには関心を示していなかったが、Red Hat の グローバルトレーニングサービス担当バイスプレジデントである Ken Goetz (ケン・ゲッツ) によると、Learning-as-a-Service トレーニングサブスクリプションの最大 70% が、チャネルパートナーを介して販売されており、DevOps に関するそのビジネスチャンスは拡大の一途をたどっている... (中略) 同社のエグゼクティブによると、トレーニングをサブスクリプションとして位置付けることで、Red Hat テクノロジーとのチャネルに「巨大な」ビジネスチャンスがある。「これによって生まれるのは、顧客ロイヤルティーとブランドロイヤルティーであり、最終的には、お客様とのビジネスの拡大、製品導入の強化と向上につながり、パートナーにとってもメリットとなります」とケン・ゲッツは説明している。とくに DevOps に関しては、現在の求人市場における需要が高いため、パートナーが参入するには、絶好の分野となる。
Red Hat, Inc.は、逆風の中でいかに好調を維持しているか
The Motley Fool: 2016 年 3 月 28 日
オープンソースソフトウェアのベテランである Red Hat は...アナリストの予想どおり (または予想を上回り)、年間売上高 20 億ドルを達成した初のオープンソース企業となった。この達成をより広い視点で見ると、Red Hat はわずか 4 年前には 10 億ドルの大台を突破し、それ以降年間売上高を倍増させている... (中略) Red Hat の CFO である Frank Calderoni (フランク・カルデローニ) によれば、全般的に IT 支出は、従来型のプロプライエタリなソリューションから、クラウドとオープンソースソフトウェアに大きく移行している。クラウドとオープンソースソフトウェアは、従来は実験的に使用され、付随的なものだったが、今や業界標準となっており、Red Hat は市場での大規模な導入により収益を上げている。
Eurotech と Red Hat、安全性と拡張性に優れた IoT の実装を推進するために協力関係を結ぶ
IoT Now: 2016 年 3 月 2 日
オープンソースソリューションのプロバイダーである Red Hat と、マシンツーマシン (M2M) プラットフォームとモノのインターネット (IoT) ソリューションのプロバイダーである Eurotech は、IoT 統合の簡素化と IoT プロジェクトの実装を推進すること目標として協力関係を発表した... (中略) Eurotech と Red Hat テクノロジーは、IoT 実装の複雑さに起因する拡張性、パフォーマンスの遅延、信頼性、安全性の問題の解決を目指すことになる... (中略) Red Hat と Eurotech の製品と専門知識を結び付けることで、エンタープライズ IT とモバイルアプリケーションの世界、社内の資産との効率的な統合を必要とする顧客に、データ、デバイス、埋め込み型アプリケーション管理サービスを提供する。
Microsoft はいかにしてオープンソースに好意的になったのか
ComputerWorld: 2016 年 3 月 2 日
Microsoft のエグゼクティブである Mark Hill によれば、15 年前には、オープンソース企業の多くに共通するビジネスモデルと言えばソフトウェアに関連して提供されるサービスの収益化であり、Microsoft のビジネスモデルにとっては直交するものであった... (中略) 「オープンソースは Microsoft のビジネスモデルには合いませんでした... (中略) では何が変わったのかと言うと、Microsoft は、知的財産をライセンス供与する企業から、お客様にサービスを提供する企業へと変化しつつあるということです。すべては、クラウドによって変わったのです。Microsoft では、クラウドにより、従来型の Microsoft ソフトウェアとオープンソースソフトウェアに関連するサービスを同時にお客様に提供できるようになりました」...このような Microsoft の行動の変化は、しばらく続いたが (Red Hat とのパートナーシップなど)、このようなことは、数年前でさえ予想する者はほとんどいなかった... (中略) 「現在、Microsoft のオフィスでは、Red Hat エンジニアと Azure エンジニアが両社のバックエンドサポートに携わっています。そんな光景は、AWS (Amazon Web Services) や Google などの他のクラウドプロバイダーでは決して見られないでしょう」

ソーシャルメディア

Red Hat とつながる