プレスリリース

Red HatとNVIDIA が連携し、高性能なソフトウェアデファインドの5G RANを通信事業業界に提供

東京

[ロサンゼルス—モバイルワールドコングレス — 2019年10月21日(現地時間)発表] アメリカ報道発表資料抄訳

次世代のモバイルネットワークは、柔軟性のない独自のソリューションによって定義されることはありません。オープンでクラウドネイティブな技術によって構築されます。

ジム・ホワイトハースト社長 兼 CEO, Red Hat

NVIDIA と世界をリードするオープンソース ソリューションのプロバイダーである Red Hat は本日、両社の提携を拡大し、Red Hat OpenShiftをベースとした、高性能なソフトウェアデファインドの5G ワイヤレス インフラストラクチャを通信事業業界に提供すると発表しました。

ロサンゼルスで開催の MWC の基調講演で NVIDIA の創業者/CEO であるジェンスン フアン (Jensen Huang) が発表したこの提携は、通信事業者が、ソフトウェアデファインドの多様なエッジワークロードに対処できる 5G ネットワークに移行するのを後押しするものです。まずは 5G の無線アクセスネットワーク (RAN) に重点を置き、通信事業者のエッジで AI 対応アプリケーションの利用度向上を目指します。

Red Hat と NVIDIA は、エンタープライズのデータセンターでの Kubernetes の導入を加速するという、本年初頭の発表から提携を続けています。今回の提携拡大により、お客様は NVIDIA EGX プラットフォームRed Hat OpenShift を使って、NVIDIA GPU をより簡単に展開できるようになり、エッジでの AI、データ サイエンスおよび機械学習を加速できるようになります。

5G のプロバイダーが特定用途向けのクラウドネイティブのインフラストラクチャに移行するために欠かせない要素となるのが、NVIDIA Aerial です。同じく本日発表された、このソフトウェア開発者キットにより、プロバイダーは、2 つの重要な進歩を実装することで、高性能なソフトウェアデファインドの5G ワイヤレス RAN を構築及び提供できるようになります。この 2 つの重要な進歩とは、Mellanox ネットワーク インターフェイス カードと GPU メモリを直接結ぶ低遅延のデータパスと、すべてのデータを GPU の高性能メモリ内に保持する 5G 物理層の信号処理エンジンです。

フアンは、次のように述べています。「業界は 5G に向かって進んでおり、『smart everything (あらゆるもののスマート化)』の革命が始まりつつあります。そのうちに、数十億ものセンサーとデバイスが世界中に広がり、新しいアプリケーションとサービスが生まれるようになるでしょう。NVIDIA は Red Hat とともに、この新しい 5G の世界のために、クラウドネイティブで、きわめてスケーラブルな、高性能の GPU コンピューティング インフラストラクチャを構築します。スマートフォン革命のときとまったく同じように、NVIDIA EGX エッジ スーパーコンピューティング プラットフォームを活用した、アプリケーションの新しい波が到来することでしょう」

Red Hat OpenShift は、エンタープライズグレードで、プロダクションレディの Kubernetes を備えており、Aerial 5G RAN、コンテナネットワークおよび他の新しいエッジサービスの管理および自動化を可能にします。これによって、通信事業者は、インフラストラクチャを大規模に展開および管理できるようになります。

Red Hat の CEO であるジム・ホワイトハースト (Jim Whitehurst) 氏は、次のように話しています。「次世代のモバイルネットワークは、柔軟性に欠けた、独占的なソリューションによって定義されるのではなく、オープンなクラウドネイティブテクノロジをベースとして構築されるようになるでしょう。オープンで、イノベーティブな通信インフラストラクチャ構築のリーダーである当社は、通信事業者のエッジで標準化されたソフトウェアを走らせることをとても大きな利点としており、動的にスケーラブルなサービスを通じて、多様なワークロードが新たに生み出されるのを後押ししています」

クラウドネイティブなプラットフォームで 5G RAN を運用することにより、通信事業者は、ネットワーク投資を最大限に活用でき、AI や AR、VR、ゲーミングといった新しいサービスをマーケットに広く展開できるようになります。

 

NVIDIAについて
NVIDIA(NASDAQ:NVDA)が1999年にGPUを発明したことによって、PCゲーム市場の成長が活発化し、現代的コンピュータグラフィックスが再定義され、並列コンピューティングに変革がもたらされました。より最近では、GPUディープラーニングによって最新のAI(次代のコンピューティング)に火が付き、世界を知覚し理解することができるコンピュータ、ロボット、自動運転車などの頭脳の役割をGPUが果たしています。詳細については、http://nvidianews.nvidia.com/をご覧ください。

 

その他のリンク

 

本件に関するお問い合わせ

  • レッドハット株式会社 広報担当 pr-jp@redhat.com TEL:03-5798-8550

Red Hat について

Red Hat is the world’s leading provider of enterprise open source software solutions, using a community-powered approach to deliver reliable and high-performing Linux, hybrid cloud, container, and Kubernetes technologies. Red Hat helps customers integrate new and existing IT applications, develop cloud-native applications, standardize on our industry-leading operating system, and automate, secure, and manage complex environments. Award-winning support, training, and consulting services make Red Hat a trusted adviser to the Fortune 500. As a strategic partner to cloud providers, system integrators, application vendors, customers, and open source communities, Red Hat can help organizations prepare for the digital future.

将来予想に関する記述

Certain statements contained in this press release may constitute "forward-looking statements" within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements provide current expectations of future events based on certain assumptions and include any statement that does not directly relate to any historical or current fact. Actual results may differ materially from those indicated by such forward-looking statements as a result of various important factors, including: risks related to our pending merger with International Business Machines Corporation, the ability of the Company to compete effectively; the ability to deliver and stimulate demand for new products and technological innovations on a timely basis; delays or reductions in information technology spending; the integration of acquisitions and the ability to market successfully acquired technologies and products; risks related to errors or defects in our offerings and third-party products upon which our offerings depend; risks related to the security of our offerings and other data security vulnerabilities; fluctuations in exchange rates; changes in and a dependence on key personnel; the effects of industry consolidation; uncertainty and adverse results in litigation and related settlements; the inability to adequately protect Company intellectual property and the potential for infringement or breach of license claims of or relating to third party intellectual property; the ability to meet financial and operational challenges encountered in our international operations; and ineffective management of, and control over, the Company's growth and international operations, as well as other factors contained in our most recent Quarterly Report on Form 10-Q (copies of which may be accessed through the Securities and Exchange Commission's website at www.sec.gov), including those found therein under the captions "Risk Factors" and "Management's Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations". In addition to these factors, actual future performance, outcomes, and results may differ materially because of more general factors including (without limitation) general industry and market conditions and growth rates, economic and political conditions, governmental and public policy changes and the impact of natural disasters such as earthquakes and floods. The forward-looking statements included in this press release represent the Company's views as of the date of this press release and these views could change. However, while the Company may elect to update these forward-looking statements at some point in the future, the Company specifically disclaims any obligation to do so. These forward-looking statements should not be relied upon as representing the Company's views as of any date subsequent to the date of this press release.

###

Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Red Hat logo, JBoss, Ansible, Ceph, CloudForms, Gluster and OpenShift are trademarks or registered trademarks of Red Hat, Inc. or its subsidiaries in the U.S. and other countries. Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the U.S. and other countries. The OpenStack Word Mark is either a registered trademark/service mark or trademark/service mark of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries, and is used with the OpenStack Foundation's permission. Red Hat is not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.