ログイン / 登録 アカウント

オープンソース方式でつくる製品エクスペリエンス

Red Hat は、最高のアイデアは多様な考え方と新鮮な視点から生まれると考えています。ですから、私たちはオープンな姿勢を保ち続けます。リサーチ、デザイン、開発のいずれの取り組みにおいても、Red Hat ユーザーエクスペリエンス・デザイン (UXD) チームの土台となるのはオープンソースです。

グローバルなつながり

Red Hat とは

UXD チームは、世界中のいたるところで働いています。UX のリサーチャー、デザイナーから、開発者や戦略担当に至るまで、当社のエキスパートは、世界のあちこちに散らばっています。しかし、距離によって引き離されることはありません。チームとして協力し合い、有益で人に寄り添った、そして何よりもオープンな、製品エクスペリエンスを創り出します。

エンタープライズ製品をオープンな場でデザインすることにより、お客様とパートナー様は、自分たちが使用する製品エクスペリエンスの形成に自ら参加できるようになります。

Paul Lightfoot (ポール・ライトフット)
ユーザーエクスペリエンス・デザイン、グローバルディレクター

PatternFly

オープンソースのデザインシステム

非常に多くの人々がさまざまな製品に取り組んでいるため、Red Hat は統一性に特に注意を払っています。
そのために活用しているのが、PatternFly です。

PatternFly はオープンソース・プロジェクトの 1 つで、使いやすくて一貫性があり、かつスケーラブルな Web アプリケーションを構築するためのリソースを提供します。PatternFly では、スタイルガイド、デザインパターン、それらを構築するためのコードが公開されています。

また、PatternFly は単なるプロジェクトではありません。PatternFly は大勢のデザイナー、開発者、その他の UX スペシャリストが参加するコミュニティであり、そのメンバーは親しみを込めて Flyer と呼ばれています。
Red Hat は、この人たちと共に優れた製品エクスペリエンスを構築しています。


 

コラボレーション:Red Hat の原点

Red Hat のやり方

Red Hat は、取り扱っている製品のアップストリーム・コミュニティと連携しています。つまり、オープンソース・プロジェクトではユーザーと元の貢献者の両方が、製品エクスペリエンスの進化において大きな役割を果たすのです。Red Hat の活動の本質はコラボレーションです。そしてその本質の源泉は共感、透明性、コミュニティの 3 要素です。

共感

Red Hat はユーザーと提携して、人々による、人々のための製品エクスペリエンスを生み出します。

Red Hat は、業務を通してユーザーを知り、その目標、タスク、課題を理解します。ユーザーからのインプットが製品を形作り、そのエクスペリエンスを新たなレベルに押し上げます。

透明性

Red Hat の行動すべての軸となるのは、コミュニケーションとフィードバックです。

この包括性という基盤をベースとした業務運営を行うことで、アイデアを拡張して、誰でも快適に使えるユーザーフレンドリーな製品エクスペリエンスを作り上げていくことができます。

コミュニティ

Red Hat は 1 つのチームとなり、コミュニティとして活動し、あらゆる種類のアップストリーム・コミュニティと関わりを持ちます。

このような人とのつながりの意識は、PatternFly にも浸透しています。Flyer たちは連携して知識を広め、ソリューションを共有し、優れたエクスペリエンスを生み出します。

UXD チームに参加する

UXD チームには、考える人、つくる人、協力する人など、さまざまな人々がいます。
UXD チームをつくっているのは、こうした人々です。ぜひご参加ください。