フィードを購読する

Red Hat is pleased to announce the worldwide availability of a new certification, Red Hat® Certified JBoss Developer (RHCJD).

The RHCJD certification demonstrates a developer's knowledge, skills and abilities in building Java Enterprise Edition (JEE) applications for deployment on JBoss Enterprise Application Platform or other JEE-compliant platforms. To obtain the new certification, candidates must first pass the new exam, Red Hat Certified JBoss Developer (RHCJD) Exam (EX225).

Prior to attempting the exam, candidates should be able to improve, fix and extend existing JEE-compliant applications that will be deployed to JBoss Enterprise Application Platform. During the 4-hour exam, they will be asked to:

  • Configure and create an enterprise ready web project
  • Work with contexts (CDI)
  • Work with POJO/JEE components
  • Work with web/JSF components and web navigation
  • Expose components to external/legacy interfaces
  • Perform security duties

The exam can be taken in a regular classroom schedule setting, or via an Individual Exam Sessions kiosk (available in select locations). To help in their preparation for the exam, candidates may take the related course, JBoss Enterprise Application Development (JB225).

For more information, visit redhat.com/training/certifications/rhcjd.


執筆者紹介

チャンネル別に見る

automation icon

自動化

テクノロジー、チームおよび環境に関する IT 自動化の最新情報

AI icon

AI (人工知能)

お客様が AI ワークロードをどこでも自由に実行することを可能にするプラットフォームについてのアップデート

open hybrid cloud icon

オープン・ハイブリッドクラウド

ハイブリッドクラウドで柔軟に未来を築く方法をご確認ください。

security icon

セキュリティ

環境やテクノロジー全体に及ぶリスクを軽減する方法に関する最新情報

edge icon

エッジコンピューティング

エッジでの運用を単純化するプラットフォームのアップデート

Infrastructure icon

インフラストラクチャ

世界有数のエンタープライズ向け Linux プラットフォームの最新情報

application development icon

アプリケーション

アプリケーションの最も困難な課題に対する Red Hat ソリューションの詳細

Original series icon

オリジナル番組

エンタープライズ向けテクノロジーのメーカーやリーダーによるストーリー