Red Hat's company logo; a shadowy figure known as Shadowman.

Forrester 調査報告書

パブリッククラウド移行の動機とプラクティスに関する分析

Forrester 調査報告書 - 活発に広まるクラウド移行、残る課題

Forrester が実施した今回の 2 部からなる調査の前半では、現代の IT リーダーがクラウド移行を選んだ理由、直面した課題、および学んだ教訓を紹介しています。

企業において、既存アプリケーションをパブリッククラウドに移行するという考えは、すでに浸透しています。これらの組織のほとんどが、移行の主な理由として、クラウドのスケーラビリティによりコスト削減や時間の節約が可能であることを挙げています。一方で、移行とは 1 つの方法がすべての組織に適用できるような取り組みではありません。大部分の企業は取り組みの一環として 100 以上のワークロードの移行を計画しますが、そのためには多くのアプリケーションやその周辺のエコシステムを精査して準備する必要があります。移行は簡単ではなく、十分に練られた戦略と、それに従った適切な実装が必要となります。

現代の IT リーダー約 300 人が、以下の意見を示しました。

  • クラウド移行はデジタル・トランスフォーメーションに不可欠
  • コストとスケーラビリティが移行の大きな要因
  • セキュリティ、規制上の問題、トレーニングや採用費用が移行の障壁
  • 複数の移行方法の採用が推奨され、特定のアプリやワークロードを移行する実用性の評価にも注力が必要

約 300 の組織が明らかにした、クラウド移行のメリットと課題についてご確認ください。