Red Hat's company logo; a shadowy figure known as Shadowman.

技術詳細

コンテナ・プラットフォームのスタック全体をセキュリティ保護する

コンテナの一貫性とセキュリティの両立

コンテナを使用することにより、ソフトウェア開発チームと運用チームは、アプリケーションの提供と管理を迅速かつ一貫して行えるようになります。しかしながら、一部の企業ではセキュリティ上の懸念からコンテナの使用をためらい、メリットを得る機会を逃しています。

この場合、セキュリティは障壁とはなりません。他のあらゆる実行プロセスと同様の対策を取ることにより、IT チームはデータとアプリケーションのセキュリティ保護を諦めることなく、コンテナのメリットを享受することができます。

コンテナのセキュリティ保護には 10 の主要な要素が関わり、Red Hat® OpenShift Container Platform を使用することで、それらの各要素を活用することができます。マルチテナンシー、アクセス制御、ネットワークの隔離からコンテナ自体の中身に至るまで、セキュアなコンテナ・プラットフォームを構築するために取れる手段は数多く存在します。

以下により、セキュリティを犠牲にすることなく、コンテナの一貫性を実現することができます。

  • まずはコンテナ戦略にセキュリティを組み込む
  • コンテナスタックおよびライフサイクル全体をセキュリティ保護するための 10 要素
  • Red Hat OpenShift Container Platform が上記の 10 要素すべてに関して提供するオプション

コンテナ・プラットフォームの全階層にセキュリティ対策を組み込みましょう。技術詳細をダウンロードして方法をご確認ください。