Red Hat's company logo; a shadowy figure known as Shadowman.

451 Research レポート

コンテナはハイブリッド IT の課題に立ち向かう

OpenStack にコンテナを導入し、アプリケーションを環境制限から解放する

コンテナはアプリケーションに必要なものすべてをパッケージ化します。インフラストラクチャ内のどこにでも移植可能であるため、ハイブリッド型のデプロイメントに最適です。また、コンテナは、アプリケーションとそのランタイム環境全体 (実行に必要なすべてのファイル) をパッケージ化して隔離するため、異なる環境においても一貫性の実現が容易となります。そのため、コンテナは、物理サーバー、仮想マシン、プライベートクラウドやパブリッククラウドといった、さまざまな環境にデプロイできます。コンテナはさまざまなインフラストラクチャにデプロイできますが、一部の環境においては、コンテナ活用を他よりも効果的にサポートすることができます。

OpenStack® は動的スケーラビリティを備えているため、コンテナ使用には理想的なインフラストラクチャです。オープンソース・コミュニティから生まれたコンテナと OpenStack の組み合わせは、仮想マシンよりも効率的かつシンプルな IT の実現を助けます。

コンテナは、以下の理由からハイブリッド環境における重要なツールとなっています。

  • 仮想マシンよりも高速に起動する
  • 運用効率を高める
  • 環境間の競合を緩和する

 

451 Research レポートをダウンロードして詳細をご確認ください。