Red Hat's company logo; a shadowy figure known as Shadowman.

エグゼクティブ・チェックリスト

コンテナ活用のための 4 つのステップ

Red Hat のガイドを活用し、適切なコンテナ・プラットフォームを選択する

コンテナは効果と効率の両立を助けます。また、コンテナはデジタル・トランスフォーメーションを促進できますが、それは適切なコンテナ・プラットフォームを適切に導入した場合に限ります。

Red Hat が提供するコンテナ・プラットフォームの選定ガイドは、コンテナ環境を分析するためのチェックリストです。ハイブリッドクラウドの使用、DevOps 体制の強化、革新技術の採用、既存 IT の最大活用といったトピックスに関して、導入予定のプラットフォームがどのように役立つかをあらかじめ検討することで、重要事項の見落としを避けましょう。

Red Hat® OpenShift Container Platform は、これらのチェック項目すべてを満たす、柔軟性なオープンソース・ソリューションです。

 効果的なコンテナ・プラットフォームは、以下を実現します。

  • ハイブリッドクラウド・アーキテクチャの作成
  • DevOps のための基盤の構築
  • オープンソース・コミュニティ発のイノベーションや標準の活用
  • 既存の投資の最大活用

 

ガイドをダウンロードし、コンテナ・プラットフォームを選ぶ際に検討するべき 4 つの要素をご確認ください。