Red Hat's company logo; a shadowy figure known as Shadowman.

ホワイトペーパー

アジャイル・インテグレーションによるデジタル革新

コンテナと API を統合して採用し、顧客が望むものを今すぐ提供する

現在のソフトウェアには、ビッグデータ、アプリケーション・プログラミング・インタフェース (API) や、モノのインターネット (IoT) といった取り組みから、オムニチャネル・エクスペリエンスに至るまで、多岐にわたるさまざまな新しいビジネス目標に対応することが期待されています。ソフトウェアは複数のビジネス機能、ビジネスモデル、エンゲージメント・チャネル、ステークホルダー・エコシステムで動作しなければならず、かつてないスピードで起きている変化やイノベーションにも対応しなければなりません。

これらの急増する新たな課題に対処するために Red Hat が提案する方法は、アジャイル・インテグレーション戦略によって、さまざまなアプリケーションや情報システムを統合することです。

Red Hat の定義するアジャイル・インテグレーションとは、統合 (インテグレーション) のテクノロジーとプロセスに対するアーキテクチャ面でのアプローチを指します。このアプローチでは、アジャイルな方式と柔軟なマイクロサービス・アーキテクチャを活用します。複数のシステムやサービスにわたるアプリケーションとデータをより迅速に統合、適応でき、急速に変化するデジタルビジネス上の需要に応えられます。

アジャイル・インテグレーションのアーキテクチャ手法には、以下の 3 つの主要な機能があります。

  • 分散インテグレーション: よりスピーディーな適応を可能とする柔軟性を提供
  • API : より効率的な接続性を実現
  • コンテナ: 需要に応じたスケーリングに対応

アジャイル・インテグレーションとは何か、またどのようにビジネスの向上に活用できるかをご覧ください。