2020 年にデジタル・トランスフォーメーションを実践するために

レポートをダウンロード

デジタルリーダーがデジタル・トランスフォーメーションの経験を語る

デジタル・トランスフォーメーションは競争力を維持するために不可欠ですが、一部の企業は変革という大きなパズルの中のたった 1 つのピースにのみ注力しており、進歩を妨げている場合があります。真のデジタル・トランスフォーメーションを実現するためは、文化、プロセス、テクノロジーという 3 つの主要な要素すべてを十分に導入することが必要です。本レポートにてデジタルリーダーの見解をご一読ください。

企業文化の変化が依然として課題

大多数のリーダー (86%) が、デジタル・トランスフォーメーションには文化、プロセス、テクノロジーの適切な融合が必要であることに同意していますが、63% は企業文化の変革を最大の課題として挙げています。これは、企業がその方法をはっきりと理解していないことを示す結果とも考えられます。

形式的な手法でプロセスをモダナイズする

回答者の 68% が継続的インテグレーション/継続的デリバリー (CI/CD) のプロセスを高く評価している一方で、この手法を実践しているのは 43% に留まります。部門間のコラボレーションと「フェイルファスト (素早く失敗する)」など、アジャイル手法の考え方の導入は、多くの企業にとって依然として課題になっています。

テクノロジーはビジネス要件に依存する

アンケートに回答したリーダーのほぼ 4 分の 3 (72%) は、顧客の要求に迅速に適応するためにはテクノロジーが非常に重要であると述べていますが、自分たちの投資がアジリティの向上に役立っていると答えたのは 31% に過ぎません。明確なビジネス目標がない場合、投資から最大の価値を引き出せなくなる可能性があります。

トランスフォーメーションは単なるプロジェクトではありません。それは組織という存在の一部にならなければなりません。つまり、トランスフォーメーションが自然な働き方になるような文化を導入することが必要なのです。

MIT Sloan George Westerman 氏

全体としては、デジタルリーダーの 40% が収益成長率の大幅な向上を報告しています。

顧客ロイヤルティ、従業員満足度、収益創出は、リーダーがデジタル・トランスフォーメーションの進捗状況を測定するために使用する上位の KPI の 1 つです。明確な KPI とデータ主導の分析は非常に重要ですが、進捗状況を評価し、定期的に目標を再評価することで、企業はギャップを解消し、順調に物事を進めることができます。

レポートを読む

2020 年にデジタル・トランスフォーメーションのプロセスを加速するために