Red Hat's company logo; a shadowy figure known as Shadowman.

レポート

NetOps と DevOps:ネットワーク自動化の現状

Red Hat と F5 によるレポート

DevOps 手法の登場により、組織はアプリケーション開発と IT 運用の両面をうまく統合できるようになりました。DevOps 駆動のワークフローを使用してプロダクション・アプリケーションをサポートする企業が増えるにつれ、ネットワーク運用に対するインパクトも大きくなっています。ネットワークチームはアプリケーションチームと同等の俊敏性と柔軟性を持つ必要があります。ネットワークリソースを制御するには、システム管理者やクラウド管理者がコンピュートおよびストレージのアセットを扱うのと同レベルの、再利用可能でスケーラブルな、ソフトウェア・デファインドの自動化が必要です。

Red Hat と F5 は世界中の 400 名を超える IT DevOps および NetOps プロフェッショナルを対象に共同で調査を実施し、ネットワーク自動化の現状を詳しく把握しようと試みました。調査結果では、NetOps チームが DevOps のベストプラクティスを学び、継続的デプロイメント・ツールチェーンと統合し、先進的なオープンソース駆動の自動化テクノロジーを活用することで、よりアジャイルかつビジネス中心の価値を生み出して未来のネットワークを構築できることがわかりました。

このレポートでは、次のことを報告しています。

  • DevOps 自動化による主な運用上のメリット

  • 現時点での DevOps チームおよび NetOps チームへの自動化の導入率

  • 組織が抱える主な課題

  • 組織が達成しようとする主な目標

  • NetOps 自動化を首尾良く導入するための戦略

レポートをダウンロードして詳細をご確認ください。