Red Hat's company logo; a shadowy figure known as Shadowman.

Forrester 調査報告書

ハイブリッドクラウド:明白な現実か、保守的な戦略か?

デジタル・トランスフォーメーション推進においてプライベートクラウドが依然として最優先課題である理由

Forrester が実施した 2 部構成の調査の後半である「ハイブリッドクラウド:明白な現実か、保守的な戦略か?」では、組織のクラウド移行戦略全体におけるプライベートクラウドの重要性が明らかにされます。

パブリッククラウドは身近な現実となりましたが、プライベートクラウドも同様に重要です。そして、組織は両方を取り入れたクラウド戦略のメリットに気づいています。それは、IT インフラストラクチャの管理と柔軟性の向上、コスト管理の改善、そして IT 部門がデータセンターの管理ではなく戦略的なプロジェクトに集中できるようになるというメリットです。

また、すべてのアプリケーションが一括で移行されているわけでもありません。パブリッククラウドへの大規模な移行に投資したにもかかわらず、組織では引き続き、既存ワークロード用のプライベートクラウドに価値を見出しています。

Forrester の詳細な調査で、次のことが明らかになりました。

  • パブリッククラウドへの大規模な切り替えは予想されず、プライベートクラウドへの投資は増加している
  • 移行を行う組織は、新しいアプリケーションの効率的な開発を可能にしながら (パブリッククラウド)、既存のアプリケーションを最適化する (プライベートクラウド) 戦略を選択している
  • 企業は効率性と投資収益率を最大化するために、パブリッククラウドに配置するワークロードと、プライベートクラウドのほうが適しているワークロードを区別するために時間と労力を費やす必要がある

 

現代の IT リーダーのプラクティスや展望を確認し、ハイブリッド戦略に活かしましょう。