Red Hat's company logo; a shadowy figure known as Shadowman.

データシート

Red Hat JBoss Fuse によるコネクテッドエンタープライズの実現

あらゆる場所で統合する

Red Hat® Fuse のアーキテクチャは、軽量なモジュール方式で柔軟性が高いため、デバイス、出荷、店頭、倉庫、従来型のデータセンターなど、さまざまなエンドポイントにおける統合が可能です。

Red Hat Fuse と Red Hat Fuse for xPaaS は、どんな構成に対してもデプロイが可能で容易に管理できるので、複数の用途に対応するために別の構成を持つことが可能です。オンプレミスでも、クラウドでも、あるいはハイブリッドでも、インフラストラクチャ全体にわたって構成のネットワークを展開できます。

Red Hat Fuse for xPaaS には、次の利点があります。

  • 迅速な統合:パターンベースの統合フレームワーク、場所を問わない接続性、DevOps と継続的な統合プラクティスに合わせた調整により、統合ソリューションをシームレスに構築できます。
  • 速やかなプロトタイプ作成:環境を気にすることなく統合ソリューションのプロトタイプを作成できます。ソリューションの開発、テスト、学習、イノベーションを迅速に行い、市場投入期間を短縮できます。

Red Hat Fuse データシートをダウンロードして、企業がよりスマートかつ迅速な方法で統合を実現する方法をご覧ください。