Red Hat's company logo; a shadowy figure known as Shadowman.

IDC ホワイトペーパー

データ管理プラットフォームと Enterprise Linux の統合

迅速かつ柔軟なデータ管理プラットフォームでアプリケーションをパワーアップ

アプリケーションはデータによって駆動され、そのスケーラビリティと適応性は、アプリケーションを駆動するデータベース管理システム (DBMS) に左右されます。基盤となる DBMS は、トランザクションを迅速かつ確実に処理できなければならず、大規模な分析タスクであっても、少ない待ち時間で膨大なデータ・セットを取り込めなければなりません。

この IDC ホワイトペーパーでは、Red Hat® Enterprise Linux® 上の Microsoft SQL Server という高性能な組み合わせが、現在および新世代のアプリケーションとそれぞれのデータ管理スタックをどのように統合しているのかについて説明しています。

IDC により、Microsoft SQL Server と Red Hat Enterprise Linux の組み合わせは以下を提供できることが明らかとなっています。

  • プラットフォーム間で共通のデプロイメントが可能なエンタープライズ・グレードの機能。
  • ワークロードに合わせて最適化されるパフォーマンスにより、処理の高速化とワークロードの高度化が実現。
  • オンプレミス、クラウド、ベアメタルサーバー、仮想環境間の一貫性。

IDC ホワイトペーパーをダウンロードし、Red Hat と Microsoft が高可用性と信頼性の高いデータベース運用基盤をどのように提供しているかをご覧ください。