Red Hat's company logo; a shadowy figure known as Shadowman.

ホワイトペーパー

コンテナ・プラットフォームでアプリの提供方法を変える

Red Hat は、適切なテクノロジー、プラットフォーム、およびプロセスにより、アプリケーションの提供方法を変革するお手伝いをします。

IT 部門で働くすべての人は、スピードを求めるプレッシャーにさらされています。プロビジョニング、構築、新しいアプリやサービスの市場投入を、より迅速に行うことが要求されています。これらの実現を支えるため、組織は予算の伸び悩みや縮小に対応しながらも、開発作業をより簡単にし、より優れたコラボレーションとスケーリングを可能とするための、現代的で効率的なテクノロジーに目を向けています。

Linux コンテナや、Red Hat® OpenShift Container Platform のようなコンテナ・アプリケーション・プラットフォームは、徹底的にテストされ、迅速にリリースされ、頻繁に更新され、広くレプリケートされ、効率的に管理され、監視されるアプリケーションを提供するために役立ちます。実績あるプラクティスを使用した導入プログラムに沿って運用していくことにより、コンテナベースのソフトウェア提供インフラストラクチャが実現可能です。

ホワイトペーパー「コンテナ・プラットフォームでアプリケーション提供をモダナイズ」では、コンテナ・テクノロジーと DevOps など最新手法の導入を通じて、ビジネスの成功に不可欠である効率的なソフトウェア提供体制を実現する方法を紹介します。

コンテナ・アプリケーション・プラットフォームでは、以下の機能により困難で時間のかかる運用タスクを簡単に行えるようになります。

  • ステートフルなアプリとアプリサービスの永続ストレージへのアクセス
  • 負荷分散、スケジューリング、およびスケーリングの単純化
  • 複雑なアプリを各種クラウドへ効率的にデプロイ (物理、仮想、パブリック、プライベート、またはハイブリッドクラウド)

 

Red Hat OpenShift によりアプリケーション提供をモダナイズする方法の詳細はこちら