Red Hat's company logo; a shadowy figure known as Shadowman.

IDC ホワイトペーパー

従来型ワークロードとクラウド向けワークロードの両方に対応するクラウド・インフラストラクチャの導入

Red Hat で企業をプライベートクラウドとハイブリッド IT に備える

プライベートクラウドやハイブリッドクラウド・アーキテクチャに移行する組織はますます増えています。しかし、巨額の投資が必要なことや、企業が既存のインフラストラクチャに依存していることが原因で、これらの新しいテクノロジーと手法の採用が困難になる場合があります。クラウド時代に移行するためには、多面的なアプローチが必要です。

Red Hat® Cloud Infrastructure は、企業が既存のインフラストラクチャを使用して、従来型のワークロードとクラウド対応のワークロードの両方にクラウド・インフラストラクチャを導入するのに役立つ柔軟性の高い統合ソリューションを提供します。たとえ現状と目標との間に大きなギャップを感じていたとしても、コンテナなどの柔軟なツールや、簡単にデプロイ可能なクラウド・インフラストラクチャを利用することで、過去の技術投資をアジャイルな基盤に変えることができます。

以下のようなさまざまな角度から課題にアプローチすることで、クラウドファーストのサービスモデルを導入できます。

  • レガシー・インフラストラクチャを強化できる OpenStack プライベートクラウドを導入する
  • コンテナ化アプリケーションの実現可能性を評価する
  • コンテナとクラウドを共通の管理プラットフォームで管理する

 

IDC ホワイトペーパーをダウンロードして詳細をご覧ください。