概要

SAP HANA のダウンタイムを削減する

Red Hat で高可用性 (HA) と障害復旧を自動化する

SAP の高可用性および障害復旧ソリューションは不可欠です。ティア 1 アプリケーションが停止した場合、そのコストは決して小さなものではなく、ビジネスの運営にも混乱を引き起こします。ソフトウェアの更新やハードウェアのアップグレードといったメンテナンスを目的とした短時間の計画的なダウンタイムであっても、重要なビジネスプロセスだけでなく、エンドユーザーや IT の生産性に悪影響を及ぼす可能性があります。

Red Hat と SAP は、20 年以上にわたる共同イノベーションにより、ビジネスに不可欠なアプリケーションのニーズに合わせたソリューションを提供しています。Red Hat® Enterprise Linux® for SAP Solutions に含まれる Red Hat Enterprise Linux High Availability Add-On は、自動化された高可用性ソリューションであり、SAP HANA®、SAP S/4HANA®、SAP NetWeaver をスケールアップおよびスケールアウトしてデプロイする際に生じる計画外のダウンタイムを削減します。

しかし、ノンストップ・オペレーションは、1 つの製品や機能によって実現できるものではありません。実現のためには、堅牢なエンタープライズ・グレードのプラットフォーム、SAP アプリケーションをサポートする高可用性機能セット、複雑で反復的な構成タスクから人的エラーを排除する IT 自動化テクノロジーが必要です。

この概要では、Red Hat テクノロジーを使用して SAP デプロイメントのダウンタイムを最小化する方法をご紹介しています。