Red Hat's company logo; a shadowy figure known as Shadowman.

451 Research レポート

OpenStack:ネットワーク機能仮想化 (NFV) 導入のためのコスト効率に優れた手段

OpenStack でネットワーク機能仮想化に自動化と管理機能を追加

451 Research によるアナリストペーパー「サービスプロバイダーによる OpenStack® の活用」では、OpenStack が他のプロプライエタリー・ソリューションよりも低コストで、ネットワーク機能仮想化に自動化と管理という追加のメリットをもたらす方法を説明しています。

ネットワーク機能仮想化 (NFV) とは、通信サービスプロバイダー (CSP) が依存するネットワーク機能を仮想化する、ソフトウェアベースのソリューションです。ファイアウォール、ドメインネームサーバー、ロードバランサーといった、従来は専用のプロプライエタリー・ハードウェアに結びつけられていたサービスを抽象化することにより、CSP はプロプライエタリー・ソリューションに伴う制限を受けることなく、ネットワーク機能を使用できるようになります。

OpenStack は、管理ソフトウェアと自動化ソフトウェアによってオーケストレーションを行える一元的なプールにこれらの仮想ネットワーク機能を割り当てることで、ワンランク上の NFV を実現します。このタイプのアーキテクチャは、仮想化だけでは提供しにくいセルフサービス、インフラストラクチャ・スケーリングの自動化、および動的リソースプールなどのメリットをもたらします。OpenStack を NFV に使用することは、優れた効率性とアジリティの実現につながるため、ほぼすべての CSP で計画されています。

業界の大手通信サービスプロバイダー (CSP) がいずれも OpenStack を既存のネットワーク機能仮想化 (NFV) に組み合わせようと計画している背景には、次のような理由が存在します。

  • OpenStack は、NFV に追加のクラウド的メリットをもたらす (セルフサービス、管理、自動化)
  • OpenStack を既存の NFV と統合するのは、他ベンダーのプロプライエタリー製品に比べると低コストである
  • オープンソース由来の OpenStack は、プロプライエタリー・システムへの依存を減らすという NFV 本来の目的と一致している

    レポートをダウンロードして、NFV と OpenStack でより多くの成果を上げる方法をご確認ください。