Red Hat's company logo

e ブック

象にダンスを教える方法:エグゼクティブサマリー

チーム、プロセス、アプリケーションを意図的に進化させる

「部屋の中の象」とは組織が現在直面している不自由な技術的状況の比喩で、アプリケーションが扱いにくく、変化に適応しにくくなっている状態を指しています。先進的な技術環境はあらゆる組織にとって魅力的である一方で、ほとんどの組織において、それを実現するためには何層にもわたるインフラストラクチャを再構築しなくてはなりません。この課題は「現状の象にダンスを教える」ようなものです。

しかし、最終的に目指す状態に関する明確なビジョンとそれをサポートする人、プロセス、テクノロジーの変化があれば、これらの「象」も機敏で変革的になれるよう訓練することができます。 

こうした「象」にダンスを教えるには、以下の方法があります。

  • 現在のステージを知る
  • 運用原則を定義する
  • 将来のアジリティにつながるアーキテクチャを設計する

このエグゼクティブサマリーでは、3 つの「象にダンスを教える方法」を紹介しています。また、アルゼンチン保健省、フォード・モーター・カンパニー、Via Varejo、Alliance Bank などの組織が部屋の中の象に対処した方法についても説明しています。