Red Hat's company logo; a shadowy figure known as Shadowman.

IDC ホワイトペーパー

先進的プラットフォームで先進的アプリケーションを構築する

先進的アプリケーションを構築して時間の節約と経費削減を実現するうえで、JBoss EAP がどのように役に立つかをご覧ください

標準化されたアプリケーション・プラットフォームは、先進的アプリケーションの構築と保守を行うための基盤を提供します。IDC のホワイトペーパー「Red Hat® JBoss® Enterprise Application Platform のビジネス価値」は、4 つの組織が JBoss EAP への標準化を通じて得たメリットについて説明しています。

パッケージ化されたアプリケーションのデプロイと管理には、アプリケーション・プラットフォームが必要です。組織が成熟し、無駄を減らすためにアプリの標準化を考えるようになると、業務の中核を担うアプリケーション・プラットフォームの標準化も検討することになります。

IDC は、Red Hat JBoss Enterprise Application Platform への移行と標準化を行った 4 つの組織から聞き取り調査を行い、それらの組織がこのプラットフォームを導入し、それぞれのビジネスニーズに合わせてスケーリングを行った過程と、そこから得られたメリットについて調査しました。

IDC は、これらの企業が JBoss EAP への移行により、以下のような目ざましい成果を上げたことを報告しています。

  • 3 年間で平均 509% の ROI (投資対効果)
  • 3 年間で 100 ユーザーあたり平均 108,664 米ドルのコスト削減による利益
  • 従来の商用プラットフォームと比較して 79.5% の経費削減
  • アプリ開発関連のダウンタイムが 89.3% 減

IDC のホワイトペーパーをダウンロードして、JBoss EAP がどのように役に立つかをご覧ください。