Red Hat's company logo; a shadowy figure known as Shadowman.

IDC ホワイトペーパー

Red Hat Cloudforms を使用したワークロード管理で 436% の投資対効果 (ROI) を実現

Red Hat CloudForms のビジネスバリュー

IDC の調査ホワイトペーパー「Red Hat CloudForms のビジネスバリュー」によると、IT 運用チームは異種混在的で自動化された管理ソリューションへの投資を増やしていることが分かりました。このアプローチは、構成とデプロイメント関連のアクティビティを最適化します。これにより組織は、アジャイル、CI/CD、およびセルフサービスのライフサイクル戦略を取り入れて、顧客の要求を満たすことに集中できます。

Red Hat® CloudForms は、ハイブリッド型およびコンテナベースの環境全体にわたり、ベンダーに依存しないアプローチで、セルフサービスのプロビジョニングとワークロードのライフサイクル管理を自動化します。IDC は CloudForms を使用している 7 つの組織にインタビューし、さまざまな環境でサービスデリバリーのスピードとアジリティの点でメリットがあることを確認しました。

Red Hat CloudForms を使用して環境全体でプロビジョニングとワークロードのライフサイクル管理を自動化している組織では、次のようなメリットがありました。

  • 5 年間で 436% の ROI
  • 3 年間で 100 ユーザーあたり平均 108,664 米ドルのコスト削減による利益
  • 20 倍以上のサービスリクエストに対応
  • アプリケーション開発のライフサイクルが 37% 迅速化

IDC ホワイトペーパーを入手して Red Hat CloudForms のメリットを確認する