イベント

第3回 レッドハット 最新テクニカル情報交歓会

  • 2018年 5月 29日
  • 東京
  • EBiS 303
この度レッドハットでは、Red Hat Technical Account Manager および Customer Success Manager を通じて、Red Hat のサービスをご利用いただいているお客様にむけて、「第3回 レッドハット 最新テクニカル情報交歓会(Red Hat Customer Convergence Event)」を開催する運びとなりました。

本イベントでは、最新技術動向や、日頃の皆様のシステム管理やトラブルシューティングの一助となる情報やサブスクリプションを効果的にご活用いただける情報をご提供致します。また、Red Hat のテクニカルサポートエンジニアや Customer Success Manager と直接情報交換をさせて頂く機会ともなっております。

主にエンジニアの方を対象とし、特にテクニカルサポート、システム構築、管理に関わる皆様のご参加をお待ちしております。

セミナーの最後には、レッドハットのエバンジェリストが書いた書籍(予定)が当たる抽選会を行います。お楽しみに!  

 
主催:レッドハット株式会社
日時:2018年5月29日(火) 10:00〜(9:30〜 受付開始)
会場:EBiS 303
東京都渋谷区恵比寿 1-20-8
定員:60名
対象者:エンジニアの方を対象とし、とくにテクニカルサポート、システム構築、管理に関わる皆様
参加費:無料
  Track 1 Track 2
10:00-10:10 開会のご挨拶
10:15 - 11:15 systemd 再入門
できれば避けたいと思っているあなたへ、脱 service コマンドから半歩先行く使い方まで
How to set up the private registry with Satellite6
Satellite6でプライベートレジストリを使ったDockerイメージの管理方法について紹介します
11:15-11:25 休憩
11:25-12:25 カスタマーポータルのご紹介
カスタマーポータルで提供されている様々なコンテンツの概要と利用方法をご紹介します
OpenShiftでJBoss EAP構築
OpenShiftでJBoss EAPを構築するデモとアプリケーション導入前のポイントをご紹介します
12:25-13:30 ランチ(お弁当をご用意しております)
13:30-14:30 サポートへの効果的な問い合わせのヒント(30分)
サポートとの時間を短縮するには?ーナレッジの活用から調査資料の採取/送付まで


VOC(お客様の声)に対する取組み(30分)
Red Hat におけるサービス改善の取り組みについてご紹介します
JBoss 製品ロードマップ
JBoss 製品(一部除く)の概要と利用方法をロードマップと共にご紹介します
14:30-14:40 休憩
14:40-15:40 VDO: the transparent compression layer
VDO の仕組みや設定について解説致します。アプリケーションの読み書きパフォーマンスを調べます
Introduction to Ansible 2.5
2018年4月にリリースされた、Ansibleの最新バージョン2.5について、注目の機能、2.4からの変更点を紹介します
15:40-16:00 閉会のご挨拶
レッドハット株式会社
マーケティング本部  セミナー運営事務局
TEL:03-5798-8550
E-mail:event-jp@redhat.com

アクセス

アクセス

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1丁目20-8
エビススバルビル
EBiS 303

アクセスマップ