イベント

Ansible Automates Tokyo 2018

  • 2018年 4月 24日
  • 東京
  • 八芳園
ビジネスを変える自動化プラットフォームの価値
 企業のIT環境は自動化できる時代。迅速なビジネス展開を実現するために、ICT環境の構築や構成変更を中心とした作業をInfrastructure as Codeなどの手法を用いて自動化を進めています。Ansibleはサーバからネットワーク機器、クラウドまであらゆる環境をエージェントレスで管理することのできる、自動化プラットフォームとして注目を集めています。

 本イベントでは、企業が直面する自動化に関する課題を解決し強い競争力を持つための自動化ソリューションAnsibleの最新情報を中心に、最新国内外事例とユースケースを余すところなくご紹介致します。レッドハットセッションでは自動化におけるグローバル最新潮流であるネットワーク自動化のトレンドとAnsibleのロードマップとポートフォリオについて、米国担当者より、先進事例を交えてご紹介致します。そして国内Ansible Towerユーザー事例として九電ビジネスソリューションズさまのご登壇が決定。Ansible Automationの導入とそのビジネス効果についてご紹介頂きます。またAnsible ソリューションパートナーセッションでは自動化ソリューションの具体的な活用方法についてのお客様の業務により近い形でご紹介を頂きます。

 「自動化」における最新トレンド、さらにAnsibleのロードマップや製品戦略など、自動化プラットフォームの価値についてレッドハットよりお届けいたします。満席が予想されますので、ぜひお早めにお申し込みください  

 
主催:レッドハット株式会社
日時:2018年4月24日(火) 13:30〜(13:00〜 受付開始)
会場:八芳園
〒108-8631 東京都港区白金台1-1-1

定員:300名
対象者:
1) 自動化プラットフォーム導入をご検討頂いているユーザー企業の責任者、現場リーダー
2) ) 自動化プラットフォーム導入に向けた提案を行う企業の責任者、現場リーダー
※満席の際は対象者の方を優先する場合がございます。
参加費:無料 
13:00 - 受付開始
13:30 - 13:50 ご挨拶:レッドハットの考えるオープン・ハイブリッド・クラウドの世界
クラウドが標準的に採用される時代、レッドハットが考える、お客様に選択権を与えるクラウドの考え方、またクラウドにおいて自動化の重要性をご説明致します。
レッドハット株式会社
プロダクト・ソリューション本部 本部長
岡下 浩明
13:50 - 14:30 Global automation momentum and market strength
Automate Everything: Ansibleが実現する自動化プラットフォーム
〜グローバル事例から見るAnsible最新活用動向、Ansible2.5アップデート〜

Ansibleはインフラの構成管理の範疇に収まらず、アプリケーションのデプロイメント、オーケストレーション、ネットワークまであらゆる対象を自動化するパワフルなプラットフォームです。本セッションでは、レッドハット米国本社にてNetwork関連自動化を担当するSean Cavanaughからグローバルにおける自動化のトレンド 及び 事例と合わせ、3月にリリースしたAnsible2.5のアップデートをさせていただきます。
Sean Cavanaugh
Technical Marketing Manager
Ansible Network Automation
Red Hat
14:30 - 15:10 九電ビジネスソリューションズ Ansible活用による自動化
九電ビジネスソリューションズがインフラ運用効率化を図るためAnsibleを採用した背景や導入、自動化にて感じたメリットなど事例を紹介します。
九電ビジネスソリューションズ株式会社
テクニカルサポート部第2システムテクニカルグループ
藤川 和己(ふじかわかずき)氏
15:10 - 15:30 Break
15:30 - 16:00 Automation for everyone 〜Kubernetesからクラウドまで〜
(仮) DevOps、IoTなどの分野で注目されているコンテナ技術。しかし、実際に導入・運用に関しては、まだ課題が多くあります。本セッションでは、コンテナ技術を使用しビジネスイノベーションを実現するための課題をAnsibleで解決する方法についてご紹介します。
日本ヒューレット・パッカード株式会社
ハイブリッドIT事業統括 クラウドプラットフォーム統括本部
クラウドソリューション本部 ソリューション開発部
ソリューションアーキテクト
八木 芳孝(やぎ よしたか)氏
16:00 - 16:30 Ansible x BIG-IP 自動化による運用効率向上
Ansibleによる自動化が広がりつつある一方で、「実際に何ができるのか」「どのように活用すると運用効率が向上するのか」といったご意見もよく聞こえてきます。本セッションでは、お客様からの要求が多かったローリングアップデートやスケールアウトのデモ等をご覧頂き、Ansible活用のイメージを持って頂ければ幸いです。
F5ネットワークスジャパン合同会社
テクノロジースペシャリスト - テレコム
小峰 洋一 (こみね よういち) 氏
16:30 - 17:00 成功する自動化、失敗する自動化 〜自動化ワークショップで進める導入メソッドご紹介〜
Ansibleは適用範囲、応用範囲が非常に広いツールであり様々なシーンでの活用が期待できます。しかしそれ故に、どこから始めるか?どうやって始めるか?という検討にも悩まされてしまいます。本セッションでは、様々な国内Ansible案件から得られた「進め方の知見」を共有させていただき、皆様の業務効率化や働き方改革といった取り組みへのお力添えができれば幸いです。
レッドハット株式会社
テクニカルセールス本部 ソリューションアーキテクト
中島 倫明
レッドハット株式会社
マーケティング本部  セミナー運営事務局
TEL:03-5798-8550
E-mail:event-jp@redhat.com

アクセス

アクセス

〒108-8631
東京都港区白金台1-1-1
八芳園

会場URL:
https://www.happo-en.com/banquet/access/

アクセスマップ