イベント

レッドハット 夜の勉強会 第2回〜第5回

  • 2017年 1月 11日 から 2017年 2月 22日
  • 大阪
  • 大阪国際ビルディング 31F リージャス会議室
~レッドハット製品テクニカル勉強会~ 今さら聞けないことも最新技術も説明します
レッドハット製品を5回に分けて隔週で紹介する勉強会です。
Linuxだけではない、レッドハットの旬な話題の製品を説明します。
  • 第2回 2017年01月11日(水)『Red Hat OpenShift Container Platform』
  • 第3回 2017年01月25日(水)『Red Hat Satellite / Red Hat Insights / Ansible Tower by Red Hat 』
  • 第4回 2017年02月15日(水)『Red Hat 3scale API Management Platform 』
  • 第5回 2017年02月22日(水)『Red Hat JBoss BRMS 』

主催:レッドハット株式会社
開催時間:19:00〜(18:30〜 受付開始)
会場:大阪国際ビルディング 31F リージャス会議室
大阪府中央区安土町2丁目3-13 大阪国際ビルディング31F
定員:10名
会場URL:https://www.regus-office.jp/area-serch/osaka-area/kokusai-building/
対象者:エンドユーザ・パートナーエンジニア
参加費:無料
各回共通:
18:30 - 受付開始
19:00 - 20:00 各製品説明セッション
第2回2017年01月11日(水)『Red Hat OpenShift Container Platform』
ビジネスアイデアを素早く実現するために必要なDevOpsの実践。これに欠かせない技術として注目されるコンテナ型アプリケーション。本勉強会では、このコンテナ型アプリケーション活用のためのプラットフォーム OpenShift Container Platform の持つ機能を紹介します。

第3回 2017年01月25日(水) 『Red Hat Satellite / Red Hat Insights / Ansible Tower by Red Hat 』
システムの管理効率アップに直結する、今注目の3製品をピックアップします。RHELサーバーのライフサイクルを一括管理できるSatellite。RHELサーバーのプロアクティブな問題解析を行うInsights。あらゆるITシステムに対する操作を自動化するAnsible。個別に使っても十分に価値のあるシステムですが、各種組み合わせることで、より威力を発揮するソリューションとなる点もご紹介します。

第4回 2017年02月15日(水)『Red Hat 3scale API Management Platform 』
デジタルトランスフォーメーションにおいて、APIエコノミーは必須条件となっています。3scaleはAPIマネジメント領域において複数の業種にまたがって700組織を超えるエリアですでに活用されているAPIプラットフォームです。マイクロサービス、ハイブリッドクラウド環境、モバイル活用においてAPIマネジメントの需要は更に高まります。業界でリーダーとして評価されている3scaleについて概要をお伝えします。

第5回 2017年02月22日(水)『Red Hat JBoss BRMS 』
日々変化するビジネス現場のルールを可視化し、一元管理する仕組みを提供する BRMS(Business Rule Management System)。本勉強会では、従来の開発手法とBRMSを活用した開発手法の違いをご理解いただくとともに、レッドハットが提供する Red Hat JBoss BRMSの概要をご紹介します。
レッドハット株式会社 西日本支社大阪営業所
大阪市淀川区宮原1丁目1番1号 新大阪阪急ビル3階
TEL:06-7668-8330
E-mail:event-osaka@redhat.com

アクセス

アクセス

〒541-0052
大阪府大阪市 中央区安土町2丁目3-13
大阪国際ビルディング 31F
リージャス会議室

アクセスマップ