言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

イベント

Red Hat OpenShift ロードショー 2017

  • 2017年 4月 11日

OpenShift Container Platform の最新技術情報を学べるワークショップ

国内でもデジタルトランスフォーメーションの波が高まる中、ほぼ全ての業種でITサービス開発競争が活発化し、「ニーズの変化に応じてITサービスをいかにスピーディに開発・改善できるか」が、ビジネスで勝つ前提条件になりつつあります。

こうした中、迅速な開発・改善を実現する技術として、コンテナ技術が多くの企業に注目されています。

一方で、2015年のリリース以来、OpenShift Container PlatformはDevOpsを促進する機能を充実させてまいりました。
OpenShift Roadshow では、最新バージョンである OpenShift Container Platform v3.4 を利用して、アプリケーションのデプロイ、Jenkins Pipieline を利用した CI/CD の実現などを実体験していただきます。
最新のテクノロジーやその活用方法をワークショップ形式で学んで頂けるセミナーです。
Red Hat OpenShift に触れたい方はぜひご参加ください。

なお、本ワークショップはハンズオン形式になります。参加者はラップトップPC (Windows, Linux, Max OS) を持参ください。
FiWi 経由で演習環境にアクセスする予定です。
以下の参加条件と、ご参加者のスキルレベルをご参照頂きましてご参加くださいますようお願い致します。

参加条件
- WiFi 接続できるPCを持参ください。(恐縮ですが貸出PCのご用意はございません。)
- GitHubのアカウントをお持ちであること
- PCにブラウザがインストールされていること

参加者のスキルレベル
- Linux が利用できること(ユーザレベルのコマンドラインがご利用になれること)
- アプリケーションの開発経験をお持ちであること
 

 
主催:レッドハット株式会社
日時:2017年4月11日(火) 14:00〜(13:30〜 受付開始)
会場:レッドハット株式会社 5F セミナールーム
渋谷区恵比寿4-1-18 恵比寿ネオナート5階
定員:30名
対象者:OpenShiftにご興味があるエンドユーザ様、システムインテグレータ様の技術者 (上記参加条件をご参照ください。)
参加費:無料
13:30 - 受付開始
14:00 - 14:50 OpenShift の概要
14:50 - 15:00 休憩
15:00 - 15:50 ハンズオンワークショップ 1
基本機能の利用
15:50 - 16:00 休憩
16:00 - 16:50 ハンズオンワークショップ 2
Web アプリケーションのデプロイ
16:50 - 17:00 休憩
17:00 - 17:50 ハンズオンワークショップ 3
自動化とアプリケーションの運用管理
17:50 - 18:00 まとめとQ&A
レッドハット株式会社
マーケティング本部  セミナー運営事務局
TEL:03-5798-8550
E-mail:event-jp@redhat.com

アクセス

アクセス

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿4丁目1番18号
恵比寿ネオナート5階
レッドハット株式会社 本社 5Fセミナールーム

JR恵比寿駅から会場までの詳細な地図(PDF):
https://www.redhat.com/ja/files/resources/ja-rhkk-map-2013.pdf

アクセスマップ