イベント

第2回 レッドハットOpenStackセミナー

  • 2016年 5月 27日
  • 東京
  • 恵比寿ネオナート5階 セミナールーム
次世代のイノベーションを加速するOpenStackとは?! 〜 ネットワーク編 〜

 イノベーションによる新規ビジネス創出に向けて、ビジネスへのクラウド技術適用が急速に進んでいます。ビジネス環境、技術環境が大きな転換期を迎えるなかで混乱と崩壊をチャンスに変えるべく、ビジネス部門、IT部門の双方に自社ビジネスのイノベーションをより早いスピードで実現することが要求されています。

 従来パブリッククラウドでしか利用できなかった高度でスピーディな基盤をオンプレミスで実現する、プライベートクラウドの本命としてOpenStackは注目を集めています。第2回目となる今回のセミナーでは多くの機能を持つOpenStackから特にネットワークに焦点を当て、アライアンスパートナーであるシスコシステムズ、ネットワンシステムズの取り組みやソリューション、検証結果を交えながら、すぐに活用できる内容をご紹介致します。
日時:2016年5月27日(金)、14:45〜[受付開始 15:00〜]
会場:レッドハット株式会社 5F セミナールーム
渋谷区恵比寿4-1-18 恵比寿ネオナート5階
主催:レッドハット株式会社
共催:シスコシステムズ合同会社, ネットワンシステムズ株式会社
定員:80名
参加費:無料
14:45 - 受付開始
15:00 - 15:45 「OpenStackでイノベーションを加速させる、最初の一歩」

様々な期待と誤解を混在させながらOpenStackは注目を集め続けています。仮想化基盤とクラウド基盤は何が違うのか、どのような場合に検討するのが最適なのか。まず、実際の検討/導入事例に触れながら、多くの方が抱えるモヤモヤをスッキリ納得するべく解説した後、より実際的な構成の検討ポイント、さらにネットワーク仮想化を実現するNeutronの検討についてご紹介します。
講演者:レッドハット株式会社 ソリューションアーキテクト部
シニアソリューションアーキテクト 内藤 聡  
15:45 - 16:30 「OpenStackを現実的に「活用できる」基盤とするために〜Cisco UCS & ACI 」

シスコはOpenStackを活用頂くために必要となる幅広いITソリューションを提供しています。サーバやネットワーク機器などのハードウェアを提供するハードウェアベンダーと認識されていますが、UCSやACIはハードウェアの革新と合わせて、統合管理やOpenStackなどとの連携を可能とするソフトウェアも重要な構成要素です。本セッションではOpenStackとの連携にフォーカスし、具体的にどのような連携が可能となり、それはどのように活用頂けるのかご紹介します。
講演者:シスコシステムズ合同会社
システムズエンジニアリングSDN応用技術室
コンサルティングシステムズエンジニア
畝高 孝雄 様
16:30 - 16:45 休憩
16:45 - 17:30 「今注目されるOpenStackネットワークの最適解」

OpenStackのネットワーク機能と連携する製品はホスト内部のネットワーク、ホスト外部のネットワークで様々な選択肢があります。ホスト内部であればOVSや6windに代表される仮想ネットワーク製品、ホスト外部ではCisco ACIに代表されるような物理ネットワーク製品となります。今回はこのOpenStackのネットワーク機能を利用する場合の選択肢と、考慮点を実際の検証結果を交えながらご紹介します。
講演者: ネットワンシステムズ株式会社
市場開発本部 ソリューション・サービス企画室 第1チーム
シニアエキスパート 荒牧 大樹 様
17:40 - 18:45 懇親会(無料)
レッドハット株式会社
マーケティング本部  セミナー運営事務局
TEL::03-5798-8550
E-mail:event-jp@redhat.com

アクセス

会場名

東京都渋谷区恵比寿4-1-18
恵比寿ネオナート5階
レッドハット株式会社 5F セミナールーム

アクセスマップ