イベント

Red Hat Customer Convergence

  • 2016年 1月 14日
  • 東京
  • レッドハット株式会社 5F セミナールーム

この度、レッドハットでは、平素より Red Hat Technical Account Manager および Support Relationship Manager を通じて Red Hat のサービスをご提供申し上げておりますお客様にむけて、Red Hat Customer Convergence イベントを開催する運びとなりました。

本イベントでは、最新技術動向や、日頃の皆様のシステム管理やトラブルシューティンングの一助となる情報をご提供致します。また、Red Hat のテクニカルサポートエンジニアと直接情報交換をさせて頂く機会ともなっております。

主に、エンジニアの方を対象とし、とくにテクニカルサポート、システム構築、管理に関わる皆様のご参加をお待ちしております。
セミナーの最後には、レッドハットのエバンジェリストが書いた書籍や素敵な景品が当たる抽選会を行います。お楽しみに!


主催:レッドハット株式会社
日時:2016年月1月14日(木)10:00〜[受付開始 9:30〜]
会場:レッドハット株式会社 5F セミナールーム
渋谷区恵比寿4-1-18 恵比寿ネオナート5階
定員:50名
対象者:主に、エンジニアの方を対象とし、とくにテクニカルサポート、システム構築、管理に関わる皆様
参加費:無料

  プラットフォーム ミドルウェア
10:00-10:15 ご挨拶
レッドハット株式会社
カスタマー・エクスペリエンス&エンゲージメント 山下 暢久
10:15-11:00 新サブスクリプション管理のご紹介
2017年8月よりサブスクリプション管理方法が Red Hat サブスクリプション管理 (RHSM) に移行されます。移行方法や新管理方法についてご説明します。

レッドハット株式会社
カスタマーエクスペリエンス&エンゲージメント 久保田 巧
11:00-12:00 Docker テクニカルオーバービュー OpenShift テクニカルオーバービュー
12:00-13:30 ランチ (お弁当をご用意しております)
13:30-14:15 Exploring OpenStack

OpenStack のいくつかのコンポーネントを題材に、トラブルシュートの手法や、有用なツール等を紹介します。
JDV-VDB作成の今後

WebUI のデモ等を行い、JDV アプリケーションの作成におけるダイナミック VDB の今後の利用について紹介します。
14:15-15:00 Retrace Server のご紹介

vmcore(カーネル コアダンプ)の解析をより簡単にする方法を共有したいと思います。
EAP7 新機能のご紹介

2016年前期に、WildFly 10 をベースとしてリリース予定の JBoss EAP 7.0 について、新機能をご紹介します。
15:00-15:15 休憩
15:15-16:00 Kpatchのプレビュー

RHEL7 で導入を予定されている kpatch とは、OSを再起動せずにカーネルにパッチを適用できる優れもの。どんなものか一足先に見てみましょう。
Java トラブルシューティング 〜 JVM からのアプローチ
16:00-16:10 質疑応答

レッドハット株式会社
マーケティング本部  セミナー運営事務局
TEL::03-5798-8550
E-mail:event-jp@redhat.com

アクセス

会場名

東京都渋谷区恵比寿4-1-18
恵比寿ネオナート5階
レッドハット株式会社 5F セミナールーム

アクセスマップ