イベント

AIから推進する働き方改革

  • 2018年 7月 6日
  • 東京
  • NEC本社ビル 地下 多目的ホール
「働き方改革」へのAI&RPA活用事例と業務効率化につながる情報システム基盤のご紹介
『働き方改革』が、多くの企業の課題となっていますが、「具体的にどこから取り組むべきか分からない」というお悩みを多くお聞きします。 本セミナーでは、働き方改革にAIをどのように取り入れるのか、業務効率化や負荷低減につながる情報システム基盤に何を採用するか等、活用事例とあわせてご紹介いたします。  

 
共催:日本電気株式会社、レッドハット株式会社
日時:2018年7月6日(金) 14:30〜(14:00〜 受付開始)
会場:NEC本社ビル  地下 多目的ホール
   〒108-8001 東京都港区芝5-7-1
定員:100名
対象者:業種問わず、総務・人事・情報システム部門で下記のようなお悩みをお持ちのお客様
-AIを活用した働き方改革について知りたい
-RPAやルールエンジンについて知りたい
-業務効率化や負荷低減につながる情報システム基盤について知りたい
参加費:無料
14:30 - 14:40 ご挨拶
14:40 - 15:20 『AI(ディープラーニング)を使った働き方改革』
NEC
AIプラットフォーム事業部
シニアエキスパート
中村 暢達
働き方改革において、真の業務効率化を実現するためには、ヒトの認識や判断といった作業を含めて自動化することが必要です。そのためには、人工知能(AI)の活用は不可欠ですが、ヒトに代わって何でもできるといった誤解もあります。本講演では働き方改革に関連するAI活用の実態についてお話したいと思います。
15:20 - 16:00 『事務作業の効率化で失敗しないためのポイントとは 〜 ルールエンジンを利用した働き方改革 〜』
レッドハット テクニカルセールス本部
ミドルウェアソリューションアーキテクト部
シニアソリューションアーキテクト
Decision Managerスペシャリスト
松田 絵里奈
当セッションでは、RPAツールとルールエンジンの手法、得意分野についてお話するとともに、レッドハットが提供するオープンソースのビジネスルールエンジン「Red Hat DecisionManager」の実構築経験を元に、各業種での事務作業自動化・効率化を進めてきた事例を交えてお話します。
16:00 - 16:10 休憩
16:10 - 16:50 『情報システムのアーキテクチャから見る働き方改革』
レッドハット テクニカルセールス本部
パートナーソリューションアーキテクト部
シニアソリューションアーキテクト
安楽 慎吾

NEC
クラウドプラットフォーム事業部
マネージャー
中川 英文
クラウドやコンテナの活用が進む一方、企業においては、それらの新たな基盤を働き方改革につなげることも重要な観点になりつつあります。本セッションでは、OpenStackやOpenShiftの採用事例を参考に、業務効率化や負荷低減についてお話しします。加えて、レッドハット担当よりオープンソース製品を活用したシステムの働き方改革事例もご紹介します。
16:50 - 17:00 Q&A
NEC
プラットフォームソリューション事業部/クラウドプラットフォーム事業部 セミナー事務局
E-mail: linux-seminar@oss.jp.nec.com

アクセス

アクセス

〒108-8001
東京都港区芝5-7-1
NEC本社ビル  地下 多目的ホール

会場URL:https://jpn.nec.com/profile/branch/headquarter.html

アクセスマップ