Topics

事例・イベント・資料の
ご案内

About Red Hat Ansible

Red Hat Ansibleについて

継続的な改善を実現する自動化ツール

レッドハットの自動化製品ファミリーであるAnsible Automationは、お客様が抱えている既存のIT資産から新しいIT資産まであらゆる環境を自動化することができるIT自動化プラットフォームです。

Ansibleには様々な作業を自動化できる1,700以上のモジュールが標準で用意されています。さらに、新しいモジュールも日々続々と追加されているため、自動化の守備範囲を容易に拡張していくことが可能です。

今ある環境や新しい環境を、包括的かつ継続的に自動化してIT運用のすべてを改善していくのがレッドハットのAnsible Automationです。

  • Ansible Automationのポートフォリオ

    Ansible Automationのポートフォリオ

    レッドハットの自動化製品ファミリーであるAnsible Automationは、自動化を実現するRed Hat Ansible Engineと、それを組織全体へとスケールし、包括的に管理運用を可能にするRed Hat Ansible Towerで構成されています。エージェントレスで利用可能で、シンプルな言語により記述することができ、豊富なモジュールによりあらゆる環境をパワフルに管理できるAnsible Engineと、セルフサービスポータルのように利用可能なGUIや組織間の知識共有、権限管理、実行履歴管理を取り揃えたAnsible Towerが、エンタープライズに最適な自動化環境を提供します。

  • Red Hat Ansible Engin

    Red Hat Ansible Engine

    Ansible Engineは手順書の代わりとなるPlaybookを実行するエンジンです。 Playbookは、YAMLというシンプルな記述方法で書くことができ、プログラミング知識の少ないITエンジニアでも低い学習コストで習得することが可能です。1,700以上のModuleがコミュニティで開発されており、ユーザーはそれらのModuleをすぐに利用できます。それによりあらゆる対象機器やソフトウェアを制御することが可能です。 Ansible Engineで利用できるModule および サポートしているModule一覧は、以下のURLからご確認いただけます。
    Ansible Module一覧 ≫
    Ansible EngineがサポートするModule一覧 ≫

  • Red Hat Ansible Tower

    Red Hat Ansible Tower

    導入されたAnsible Engineに、組織全体で利用するための包括的な管理機能を提供するソフトウェアがRed Hat Ansible Towerです。アクセス統制(権限管理)や監査証跡の保存、ジョブのスケジューリング実行、権限管理やカタログ管理、GUIでのワンクリック実行、Playbookをワークフロー化し実行するJob Workflow、パスワード情報の暗号化などのセキュリティへの対応、さらにAPIを提供することであらゆるシステムとの連携を可能にし、組織全体に拡張性の高い自動化プラットフォームを実現します。それがRed Hat Ansible Towerです。
    Ansible Towerの機能紹介 ≫

  • Red Hat Ansible Towerの導入で享受できるメリット

    Red Hat Ansible Towerの導入で享受できるメリット

    従来のITプロセスのワークフローでは、実際にITサービスを利用したいタスク依頼者と管理者の権限が異なっていました。タスク依頼者は権限をもった管理者を経由してシステムの制御を行っていたため、依頼してから管理者が実行するまでの実行には大なり小なりリードタイムが必要でした。

    Ansible Towerを導入することによって、適切な権限管理を行うことが可能になり、タスク依頼者自身がセルフサービスで管理対象を制御できるようになります。これによって、サービスリクエストに対する応答のスループットを上げることが可能です。また、Ansible TowerはAPIを提供しており、既存のITサービスマネジメントソフトウェアと連携できます。さらにいつ誰が何を実行したかという実行履歴管理だけでなく、SMSやチャットツールへの通知機能も持っており、実行結果を通知することができます。

  • Ansibleによるメットワーク自動化の浸透

    Ansibleによるネットワーク自動化の浸透

    ベンダー固有の管理製品の存在により、特定の機器を管理できるのは特定のスキルを持った人に限られていました。Ansibleの登場により、あらゆる環境への制御をAnsibleのPlaybookで実行することができるようになったため、多くのお客様がネットワーク環境の自動化にAnsible Automationを活用しています。Ansible によるNetworkの自動化の浸透はModuleの拡大とともに加速しています。

ご参考価格

SKU 製品名 価格(税抜/1年)
MCT3694 Red Hat Ansible Automation, Premium
(100 Managed Nodes)
¥2,275,000

※2018年6月1日時点(詳しくは、お問い合わせください)

Partner

パートナーのご案内

RED HATのパートナーがご提供する、Ansibleのソリューションをご紹介

  • 株式会社エーピーコミュニケーションズ

    ソリューション領域
    長年のインテグレーション経験やコミュニティ活動を通じて培った技術力をもつマルチエンジニアが、お客様の目的に合わせた最適な自動化ソリューションをご提供いたします。
    ソリューション概要
    ネットワーク機器のオペレーションの自動化を実現します。ソリューション適用後、お客様が自律的に自動化を推進できるように、コンサルティング、導入からトレーニングを行います。
    ソリューションメニュー
    自律支援型ネットワーク運用自動化サービス
    本サービスは、導入サービスからトレーニングまでを一貫してご提案しています。導入サービスのみ、またはトレーニングのみの提供も可能です。
    ネットワーク運用自動化導入サービス
    組織で自動化を推進するためにAnsible Towerの導入をサポートします。
    Ansible Towerの導入は、以下の3ステップで進めます。
    - Phase1. 業務プロセスのコンサルテーション
    一連の業務プロセスを分解・選択し、自動化を前提としたプロセスへ変換します。自動化されにくい業務は見直しを行い、自動化に適したプロセスを目指します。
    - Phase2. Ansible Engineの導入
    変換したプロセス内の手順をPlaybook化すると共に、お客様が自動化導入後にご自身で作成されるPlaybookの品質が維持される仕組みを構築します。あわせて、GitLabサーバを導入することで、ConfigおよびPlaybookをバージョン管理し、「いつ」「誰が」「何を」変更したかを記録します。
    - Phase3. Ansible Towerの導入
    ワークフロー機能を用いて、Phase2で作成したPlaybookを取り込み、一連の業務プロセスの自動化を実現します。セルフサービスポータルのように利用可能なGUIや権限管理、実行履歴管理を実装し、エンタープライズに最適な自動化ソリューションを提供します。
    Phase1で複数ある業務プロセスから、優先度が高いプロセスを選択して、Phase2、Phase3を回します。Phase3が完了したら、再度Phase1に戻り、別の業務プロセスを選択して同様のフローを回す流れとなっています。
    ネットワーク運用自動化トレーニング
    本サービス適用後もネットワーク運用の自動化は継続的に実施することが必要となります。
    そこで、お客様が自律的にネットワーク運用自動化を進めていただけるよう、Ansible Engine、Ansible Tower、GitLab関するトレーニングを実施いたします。トレーニング単体のご提供も可能です。
    問合せ先
    問い合わせ先:株式会社エーピーコミュニケーションズ 自動化グループ
    URL:https://www.ap-com.co.jp/contact/service_form.html

    閉じる ×

  • ネットワンシステムズ株式会社

    ソリューション領域
    ネットワークインテグレータとして培った長年の技術力をバックボーンに、先進のICT基盤に必要なソリューションをマルチベンダ環境でご提供します。商品開発からコンサルティング・提案・設計・構築・運用・保守・教育までワンストップでお届けします。
    ソリューション概要
    運用プロセスの改善を含む、運用自動化の推進をサポート致します。
    ソリューションメニュー
    小さくできることから自動化を始めよう!をコンセプトとし3ステップの導入をご提案しています。
    以下が実際のご提案事例です。
    ・STEP 1:通信影響なく始められるスイッチ・ルータのログ取得、活用
    ・STEP 2:スイッチ・ルータ以外のログ取得、活用、スイッチ・ルータのグローバル設定
    ・STEP 3:AnsibleTowerを中心としたGit(PlayBook管理)、Splunk(ログ検索)、CiscoTeams(ChatBot)など各種システムとの連携
    こちらのSTEP3ではお客様ごとのあるべき自動化像を実現していきます。
    3ステップでAnsibleを導入頂く事により、各Stepにおける改善を意識したサイクルを創出できます。
    問合せ先
    問合せ先:ネットワンシステムズ株式会社
    お客様担当営業にお問い合わせください。
    URL:https://www.netone.co.jp/contact.html

    閉じる ×

  • 株式会社ライトウェル

    ソリューション領域
    仮想化統合基盤とクラウドのハイブリット環境において、Ansibleによる自動化の適用範囲をコンサルティングから運用までご支援いたします。
    ソリューション概要
    長年のインフラ構築のスキルを活かした、自動化の支援いたします。
    ・クラウド運用自動化の支援
    ・PCカスタマイズ自動化による運用負荷の低減
    ・Playbookのご提供およびお客様独自のPlaybook作成支援
    ソリューションメニュー
    ・スタートアップサービス:75万~
    Ansible Tower環境の基本導入およびハンズオン教育
    ・運用支援サービス :25万~
    当社で実績のあるPlaybookの提供およびPlaybookの作成支援やAnsible Tower操作QAなど
    ・その他ご要望に対しても、ご支援させていただきます。
    問合せ先
    問合せ先:株式会社ライトウェル テクノロジーソリューション部
    メール:gr.lw.u.sales-info@shi-g.com
    URL:https://lightwell-solution.com/ansible/index.php

    閉じる ×

Red Hat Ansible Automation

お問い合わせ

製品についてのお問い合わせはこちらから