トピック

ビジネスにおける IoT の意味

IoT では、日常的なモノがネットワークの一部となり、他の「モノ」とデータをやりとりします。世界はデバイスによって確実につながっています。

消費者にとっては、例えば海外からでも自宅のエアコンを調節できることが IoT です。これに対し、ビジネスでは、顧客やパートナーとつながることで新しい機会を創出できると同時に、大量のデータを収集して、保存、分析できるということを意味します。

注目のビデオ

重要なデータを安全に収集し、分析し、それに基づいて行動する

インテリジェント・ゲートウェイは、データセンターに送り込む必要のないデータをフィルタリングし、送り込む必要のある重要なデータは迅速に処理します。必要なアクションを安全に実行し、重要な要約データをデータセンターに送信するスマートさを備えています。

詳細はこちら

人命を守るための優先順位

命を守るスピードでのデータ分析

データを収集したら、すぐに処理するか、後で評価および処理するために安全に保存する必要があります。簡単なことです。

しかし、データ量が多くなるほど、分析も処理も難しくなってきます。この問題を交通機関業界がどのように解決したのか、ご紹介します。

  1. 1. 列車制御 (PTC) システムでは、次の 2 種類のデータを収集して処理する必要があります。
    • それに基づいて直ちに行動する必要がある緊急データ
    • データセンターに送信して、後で評価して使用されるデータ
  2. 2. レール脇のセンサーが、列車のルート、速度、負荷特性に関するデータを収集して記録します。すべてのデータは、制御層を通過します。ここで、メッセージングルールとビジネスルールのソフトウェアによって、データの処理方法が決定されます。
  3. 3. 列車が交差点に近づくと、速度変更のメッセージが最優先事項として車掌のダッシュボードに表示されます。速度、燃料効率、重量などの情報は、緊急度の低いデータとして、後で分析するためにデータセンターに保存されます。
  4. 4. 緊急指示が無視されると、列車搭載システム内で自動処理が実行されて、列車が停止、減速、または加速します。これにより衝突が回避され、データは安全に保存されます。
次へ
詳細

現場機器のコミュニケーションと調整 (運賃支払機とバックエンドシステム間) は、私たちの輸送業界内における IoT (モノのインターネット) へのアプローチを顕著に示すものです。これにより、輸送システムの状態について貴重なリアルタイム情報を顧客に提供できます。

Darren Dickson 氏、Genfare 社長

業界の利用事例

問題はモノのインターネット (IoT) の未来ではない

現在、何が起こっているのが問題です。日々、何百万ものデバイスと、そのすべての関連データが、次々と追加されています。このようなデータを管理していなかったり、企業や顧客に役立てていなかったりしたら、数えきれないほどの機会を逃していることになります。

Energy illustration

石油/ガス/電気

計器データの管理、照明/温度/電力/業務の制御システムの自動化

ケーススタディを見る
Transportation illustration

運輸

車両の追跡と運行の最適化、より優れた列車テクノロジー、センサー管理、機内エンターテイメント

詳細はこちら
Shopping bag illustration

小売

セキュリティと損失防止、ターゲットを絞ったショッピング、顧客サービス、広告

ビデオを見る

モノの準備

導入にあたってのセキュリティに関する考慮事項

Embedded Computing Design の記事「When one cyber attack becomes a thousand: Protecting the IoT (1 件のサイバー攻撃が 1,000 件の攻撃になる: IoT を守る)」から抜粋した 3 つのヒント:

デバイスの保護

物理デバイスとそのソフトウェアが脅威から守られていることを確認します。ディスクの暗号化とセキュリティポリシーの設定の両方を行っていますか。

モノのインターネット (IoT) により、プライバシーが著しく侵害される時代が必ずやって来るというわけではありませんが、その可能性は確かにあります。

「Guide to the Internet of Things (モノのインターネットのガイド)」Dzone 詳細はこちら

通信の保護

データは転送中も保護され、信頼できるデバイスまたはサーバーに届けられる必要があります。効果的な暗号化やネットワークプロトコルが設定されていますか。通信は認証によって確認されていますか。

IoT のプロジェクトが概念から現実のものへと変化する中で、デバイスによって作成されたデータがシステム内でどのように移動するかということは、最大の課題の 1 つです。

IoT (モノのインターネット): データはどこに行くのか
詳細はこちら

データの保護

データの種類に応じた適切なレベルのセキュリティを判断します。重要なデータは暗号化されていますか、または追加のセキュリティ対策が施されていますか。データの増大に合わせてセキュリティの規模を拡張できますか。

IoT は、他のドメインでテストされたセキュリティ・プロトコルや、テクノロジーから得た知識や対策を応用することはできますが、IoT デバイスと従来型のコンピューティング・システムには明らかな違いがあります。

IoT のセキュリティ対策には拡張性に優れたソリューションが必要
詳細はこちら

Red Hat の IoT に関するニュース

協力体制がすべてを可能にする

エンタープライズ IoT には、拡張性、安全性、信頼性が高い方法でデータを収集、処理し、それに基づいて行動し、交換することを効率的に行うためのアーキテクチャが求められます。最近になって、Eurotech と Red Hat は、あらゆる段階での IoT の実装に伴う複雑性に対応することで、そのようなアーキテクチャの構築を容易にするためのジョイント・コラボレーションを発表しました。詳細については、以下をご覧ください。

Cloudera、オープンソースの Eclipse IoT コミュニティで Red Hat と連携

創業以来、Cloudera はグローバル・オープンソース・コミュニティの積極的かつ献身的なメンバーです。私たちは、Apache Software Foundation と数十のプロジェクトで協力しています。今度はコラボレーションの幅を、Eclipse Foundation、特に IoT ワーキング・グループにまで拡張できることを嬉しく思っています」と Cloudera のチーフ・ストラテジー・オフィサーである Mike Olson 氏は語ります。「IoT (モノのインターネット) のためのすべてのオープンソース・スタックを提供することは、組織が業界のベストプラクティスと標準にアクセスできるようになることを意味します。この膨大なデータフローを使用して世界最大の問題を解決することができます。」

プレスリリースを見る

IDC による IoT マーケットの状態調査

IDC の InfoBrief「IoT (モノのインターネット): マーケットの状態」は Red Hat によって後援されたもので、以下の点に関する IoT の早期採用 300 社の洞察を含みます。

  • IoT を採用している組織が、IoT を現在どう見ているか。
  • IoT のメリットと機会。
  • 予算、データ管理、およびセキュリティに関する考慮事項。

「IoT は、あらゆるビジネスに変革をもたらす可能性があります。必要なのは、最初の一歩を始めるための革新的なアイデアだけです。」
InfoBrief を読む

Eurotech、Red Hat を搭載したインテリジェント・ゲートウェイを発表

「インテリジェント・ゲートウェイは、最新のエンタープライズ IoT インフラストラクチャにとって非常に重要です」と、Meteorcomm LLC の最高技術責任者である Clark Palmer 氏は述べます。「Red Hat テクノロジーを搭載した Eurotech の新しい製品は、IoT の課題に対応するための新しいレベルの機能と必要な柔軟性を備えています。インテリジェンスをネットワークエッジに押しやる機能は、スケーラブルで管理しやすい IoT 実装を作成するために必要なソリューションです。」

詳細はこちら

企業がモノのインターネット (IoT) を通じて安全に利益を得るにはどうしたらよいのかと、よく尋ねられます。その場合、まず 1 つの重要なビジネス課題に重点を置いて、自動化された持続可能なソリューションの開発に必要な知見と先見性がどのようなものかを明確にすることであると答えます。IoT プロジェクトが失敗するのは、通常、一度にあまりにも多くの問題に取り組もうとするからです。

IoT およびインテリジェントシステム担当チーフアーキテクト James Kirkland (ジェームズ・カークランド)

ニュースレターでモノのインターネット (IoT) に関する知見を得る

登録する ご質問がありましたら、iotquestions@redhat.com 宛てにメールでお問い合わせください。