言語|国を設定する

各国のポータルページを見る

各国の最新情報は、以下の国別ポータルページからご確認ください。

知見とアイデア

OpenStack によってクラウドコンピューティングを標準化する方法

人は最高のアイデアに惹き付けられます。2004 年の Linux® と現在の OpenStack® は、状況が実によく似ています。OpenStack は、個人や企業から成るコミュニティに支えられながら急成長を遂げており、オープンで拡張性に優れたクラウドを構築するための標準プラットフォームとなっています。Red Hat は、OpenStack が最高のクラウドテクノロジーであることを確信しています。

企業が OpenStack を導入する理由トップ 3 は、運用効率の向上イノベーションを推進する能力、そしてコスト削減です。

出典: OpenStack User Survey Insights: 2015 年 5 月

OpenStack とは何か?

世界中の開発者や技術者が OpenStack でのコラボレーションにより、パブリック/プライベートクラウドを構築および管理するためのツールを作成しています。OpenStack の開発、配布、採用は、共有リソースを提供している独立組織である OpenStack Foundation が監督しています。そのミッションは次のとおりです。

OpenStack ソフトウェアとそれに関連するコミュニティ(ユーザー、開発者、エコシステム全体)を保護し、支援し、推進することによって、OpenStack のミッション達成をサポートします。

詳細はこちら

参加方法

RDO logo

RDO は、Red Hat® Enterprise Linux や Fedora、およびこれらから派生したディストリビューション(CentOS、Scientific Linux など)上で OpenStack を使用およびデプロイしているユーザーのコミュニティです。Red Hat ベースのプラットフォームにおける OpenStack の使用に関連したあらゆる内容を対象としています。また、Red Hat の商用版プラットフォームである Red Hat OpenStack Platform に最終的に組み込まれる機能をテストする場としての役割も果たしています。

参加する

OpenStack Foundation

OpenStack Foundation は、OpenStack クラウドオペレーティングシステムの開発、配布、採用を促進しています。

OpenStack Foundation について

OpenStack の今後

現在の OpenStack は、10 年前の Linux とよく似ています。トップレベルの開発者や企業を魅了し、その成功に貢献していただきました。そして、次世代の IT を構築するための標準的なオープンプラットフォームを生み出しています。

クラウドジョブサムネイル

Amazon への脅威—OpenStack ジョブの台頭

詳細はこちら
Jim Whitehurst photo

Red Hat CEO、ジム・ホワイトハースト:私たちは OpenStack に最も精通している企業です

詳細はこちら

インタラクティブ・インテリジェンス、サービス提供までの時間を数カ月から数分に短縮

詳細はこちら
通信業界サムネイル

OpenStack は NFV で通信業界を変革

詳細はこちら

Red Hat OpenStack Platform を採用することによって、社内クラウドをゼロから構築するうえで必要だった強力な基盤を手に入れることができました。その結果、がん治療の共同研究を行うための、極めて革新的なオンデマンドの研究スペースを実現できました。

The Broad Institute of MIT Linux エンタープライズエンジニア III James Weatherell 氏 詳細はこちら

現在の先進的なテクノロジーは、いずれ必須のテクノロジーとなります。Red Hat は、OpenStack が
オープンクラウドテクノロジーの最高峰であると確信しています。

OpenStack の詳細をご覧ください

ブログを読む
OpenStack® のワードマークと OpenStack のロゴは、米国とその他の国における OpenStack Foundation の登録商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundation の許諾の下使用されています。Red Hat は、OpenStack Foundation と OpenStack コミュニティのいずれにも所属しておらず、公認や出資も受けていません。