ログイン / 登録 アカウント

Webinar

Molecule入門:Ansible流でITインフラテストの自動化を実現するソフトウェアのご紹介

2020年 4月 21日 の録画を視聴する
Jump to section

ITインフラの自動化を組織で推進する場合の目指すべき方向性としてレッドハットが提唱する、Ansibleによる自動化2.0。

自動化2.0を実現する際には、作成したPlaybookが適切に動作するかのテストを自動的に行うことも必要になります。
今回の Ansibleウェビナーでは、Roleのテスト支援ツールであるMoleculeについてお伝えします。
Ansibleに依らず、対象のシステム環境の変化に追従するためには一貫性のあるテストを素早く実施できることが肝要になります。
Ansible の文脈では Role の単位でテストを始めるのが第一歩となりますが、これを支援する Molecule について、その仕組みや使い方を解説します。

その他のAnsible関連のウェビナーは以下のURLからご確認ください。
red.ht/ansiblewebinarjp

※その他ご案内

  • 視聴推奨環境:ChromeもしくはFirefox(Edgeでは一部視聴できないことがあります)
  • 当日の配信はオンデマンドでも視聴可能です。ただし、登録が必要となりますので、予めご登録いただくことを推奨いたします。

個人情報の取り扱いについて(レッドハット)

ご提供いただいた個人情報は、弊社の親会社である Red Hat, Inc. と共有し、弊社および Red Hat, Inc. の今後の営業およびマーケティング活動に関連する各種ご案内(イベント、セミナー、キャンペーン、サービス情報の紹介等)のために利用いたします。弊社および Red Hat, Inc. は、ご提供いただきました個人情報を、以下のサイトに掲載の個人情報保護ポリシーに基づき管理いたします。http://jp.redhat.com/footer/privacy-policy.html 問合せ窓口:レッドハット株式会社 マーケティング本部 / 電話番号:03-5798-855

 

Live-event date: 2020年04月21日11時よりライブ配信(オンデマンドでも視聴可能)


中島倫明

テクニカルセールス本部 ソリューションアーキテクト, レッドハット株式会社

長嶺 精彦

サービス事業統括本部 コンサルタント, レッドハット株式会社