共通のテーマ

ロボットに「ありふれたこと」を教える

共通のテーマ

手術をしたり、車を運転したり、金メダルを取った選手よりも早く走ったりすることのできるロボットが存在します。にもかかわらず、駐車場で起こるさまざまなことを完璧に理解できるロボットは未だ誕生していません。この対談では 2 人の専門家が、ロボットの可能性を最大限に引き出すために、ロボットに「ありふれた日常的なこと」をマスターさせる必要があると語ります。

Melanie Shimano 氏

Leila Takayama 氏

カリフォルニア大学サンタクルーズ校
人間とロボットの相互作用研究者

認知科学者であり社会科学者でもある Takayama 氏は、ロボットと人間の関わりについて研究しています。「ロボット革命を起こす方法」の第 4 話では、同氏とスタートアップ企業の Willow Garage が協力して、ロボット工学の基礎となるソフトウェアを使いやすくした様子をレポートしました。

「ロボット革命を起こす方法」を見る

Charlie Reisinger 氏

Chris Nicholson 氏

Pathmind
創業者兼 CEO

Nicholson 氏の会社は、産業現場で働くロボットを誘導する人工知能ソフトウェアを開発しています。2017 年に公開された「AI への道」では、自律走行の普及に貢献したディープラーニング・ソフトウェアツールの製作の歩みを紹介しました。

「AI への道」を見る

その他のストーリー

オープンソースによる科学的発見の促進

革命が起きている分野はロボット工学だけではありません。人工知能に進歩をもたらす人々をご覧ください。

記事を読む

農業の未来を変える

先見の明のある農業経営者による、オープンソースの原則とツールを活用した取り組みをご覧ください。

動画を見る

小さな一歩

チリの人々の日常生活にオープンデータの価値をもたらしているメーカー、学者、職人の様子をご覧ください。

動画を見る


オープンソース・ストーリーのロゴ

最新のストーリー

オープンソース・ストーリーは、人類のあらゆるいとなみにオープンソースのちからをもたらすイノベーターを紹介する、Red Hat のオリジナルシリーズです。

ニュースレターを入手する

The Open Source Way (オープンソースウェイ) への取り組み

オープンソースとは何か、また、コミュニティからエンタープライズにつながる Red Hat の開発モデルについて説明します。オープン・オーガニゼーションの魅力をご覧ください。

詳細はこちら