ロボット革命を起こす方法の画像

パート 1:変化をもたらす

パート 1:変化をもたらす

ROS (Robot Operating System) に関する 5 部構成のドキュメンタリーのパート 1。これは、学術機関のサイドプロジェクトだった ROS が、ロボット工学の世界に革命をもたらすプラットフォームになるまでのストーリーです。

ROS タイムライン

2006 年 2 月

Stanford Personal Robotics Program の画像

Stanford Personal Robotics Program が PR1 の構築を開始

2007 年 1 月

Willow Garage が最初の社員を採用

2007 年 8 月

初の PR1 プロトタイプを発表

2007 年 11 月

ROS ロゴ

Willow Garage が独自のロボット工学プロジェクトを開始し、正式な ROS を発表

2009 年 8 月

ROS.org を作成

2010 年 1 月

ROS 1.0 をリリース

2010 年 5 月

Willow Garage が PR2 ロボットを 11 の研究機関に寄贈

2010 年 11 月

TurtleBot の画像

TurtleBot 誕生

2011 年 5 月

ROS のリポジトリ数が 100 に到達

2013 年 2 月

Open Robotics のロゴ

ROS のメンテナンスを Open Robotics に移管

2014 年 2 月

閉鎖の標識の画像

Willow Garage が正式に閉鎖

2017 年 12 月

ROS 2.0 をリリース

ボーナスコンテンツ

Player/Stage

Brian Gerkey 氏は、ROS に携わる前に、オープンソースのロボット・シミュレーション・プログラムを開発しました。このプログラムは、後にロボット工学の環境を一変させるのに大きく貢献しました。

Player/Stage のビデオポスター画像

ロボットの脅威を恐れるべきではない理由

ロボットが人間に対して反乱を起こすというのは、サイエンス・フィクションの世界ではよくあるテーマです。しかし、ロボットが現実の世界でも脅威となり得ることについて心配する必要はあるのでしょうか。

ロボットの反乱のビデオポスター画像
ロボットキットの画像

独自にロボットを作る

Co.Lab Robot Kit を使えば、ロボット革命に参加し、オープンソースの手法でロボットを構築できます。

キットを購入する

動画に登場する人々

Brian Gerkey 氏

Brian Gerkey 氏

Open Robotics CEO

Gerkey 氏は Willow Garage でオープンソース開発担当のディレクターを務め、Robot Operating System (ROS) の開発を主導しました。現在は、Open Robotics の CEO です。

Open Robotics の詳細

Melonee Wise 氏

Melonee Wise 氏

Fetch Robotics CEO

Willow Garage の 2 番目の社員であった Wise 氏は、ROS の開発チームに所属し、Willow のインターンプログラムの立ち上げをリードしました。現在は Fetch Robotics の CEO です。

Fetch Robotics の詳細

Keenan Wyrobek 氏

Keenan Wyrobek 氏

Zipline の CTO および共同創設者

Wyrobek 氏はスタンフォード大学の大学院生のときに ROS の開発に参加し、その後 Willow Garage でリーダー役を担いました。現在は、Zipline の CTO および共同創設者です。

Zipline の詳細

Leila Takayama 氏

Leila Takayama 氏

カリフォルニア大学サンタクルーズ校、人間とロボットの相互作用研究者

Takayama 氏は、Willow Garage で人間とロボットの相互作用を研究しました。現在は、カリフォルニア大学サンタクルーズ校の計算メディアの准教授です。

Takayama 氏の研究の詳細

Evan Ackerman 氏

Evan Ackerman 氏

IEEE Spectrum 編集者

Ackerman 氏は、IEEE Spectrum の寄稿編集者です。2007 年以来、ロボット工学、科学、テクノロジーに関する 6,000 を超える記事を執筆しています。

Ackerman 氏の詳細

Nate Koenig 氏

Nate Koenig 氏

Open Robotics CTO

Koenig 氏は、Willow Garage のインターンとしてスタートを切りました。現在は Open Robotics の CTO として、自らが開発したオープンソース・ロボティクス・シミュレーターである Gazebo の開発を主導しています。

Open Robotics の詳細

Steve Cousins 氏

Steve Cousins 氏

Savioke CEO

Cousins 氏は、Willow Garage の前社長兼 CEO です。現在は、サービスロボット会社である Savioke の CEO です。

Savioke の詳細

Louise Poubel 氏

Louise Poubel 氏

Open Robotics ソフトウェアエンジニアリング担当スーパーバイザー

Poubel 氏は ROS と Gazebo に取り組んでおり、大規模なオープンソース・コミュニティとの対話の牽引役を務めています。

Open Robotics の詳細

Kevin Knoedler 氏

Kevin Knoedler 氏

2017 年 NASA Space Robotics Challenge の受賞者

Knoedler 氏は専業主夫としての顔も持ちますが 、誰の手も借りずに全米のロボット工学コンテストで優勝し、話題になりました。

Knoedler 氏の受賞について読む

ロボット革命を起こす方法

共通のつながり
ロボットは社会から、壮大なタスクを実行することを期待されています。しかしそのためにはまず、ありふれたことができるようになる必要があります。Leila Takayama 氏と Chris Nicholson 氏がその理由を説明します。
彼らの会話を見る
ロボット工学の画像

その他のストーリー

AI 革命を支える人々の画像

革命が起きている分野はロボット工学だけではありません。人工知能に進歩をもたらす人々をご覧ください。

記事を読む

オープンソースとハードウェアの未来

Open Robotics CEO Brian Gerkey 氏

トークを見る

オープンソースとハードウェアの未来

Open Robotics CEO Brian Gerkey 氏

トークを見る

AI への道のりの画像

自動運転車は、ロボット工学の代表例です。自動運転車が AI の発展にも欠かせない理由をご覧ください。

動画を見る

オープンソース・ストーリーのロゴ

最新のストーリー

オープンソース・ストーリーは、人類のあらゆるいとなみにオープンソースのちからをもたらすイノベーターを紹介する、Red Hat のオリジナルシリーズです。

ニュースレターを入手する

The Open Source Way (オープンソースウェイ) への取り組み

オープンソースとは何か、また、コミュニティからエンタープライズにつながる Red Hat の開発モデルについて説明します。オープン・オーガニゼーションの魅力をご覧ください。

詳細はこちら
-- Failed to embed node 382211 --