Red Hat OpenShift 4

Red Hat® OpenShift® はエンタープライズ向け Kubernetes を拡張し、フルスタックの自動運用機能を提供することで、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドのデプロイメントを管理します。

Red Hat OpenShift 4 の新機能

不変の Red Hat Enterprise Linux CoreOS

不変の Red Hat® Enterprise Linux® CoreOS をベースに改善されたインストールで、一貫性とアップグレード可能性が向上。

Operator Framework

Kubernetes アプリケーションやサービスをワンステップでインストール。Kubernetes Operator による自動 OTA アップデートとパフォーマンス調整も可能。

OpenShift サービスメッシュ

OpenShift サービスメッシュにより、分散アプリケーションのレジリエンシー (回復力) とパフォーマンスが向上。

Knative フレームワーク

イベント駆動型アプリケーションの構築、提供、実行のための、開発者が使いやすいサーバーレス・フレームワークとコンポーネント。

すでにサブスクリプションをお持ちですか?

Red Hat OpenShift 4 の利用を開始する

フルスタックの自動運用

Red Hat OpenShift 4 はコンテナスタックのあらゆる場所で、自動インストール、自動アップグレード、ライフサイクルの自動管理を提供します。

  • Kubernetes アプリケーションのワンステップ・インストール
  • Kubernetes Operator による OTA アップデートやパフォーマンス調整の一元的な管理制御
  • 組み込みの認証と承認、機密情報管理、監査、ロギング、統合されたコンテナレジストリによる継続的なセキュリティ保護

開発者の生産性向上を支援

どのインフラストラクチャでも、コードは常にプロダクションモード。Red Hat OpenShift 4 はメジャーな開発者向けツールをサポートしており、ビルドおよびデリバリー・ワークフローの最適化に役立ちます。

  • Red Hat CodeReady Containers を使って、お使いのノートパソコン上に事前設定された最小の OpenShift クラスタで開発およびテスト
  • 言語、データベース、フレームワーク、ツールを選択可能
  • 自動化されたコンテナビルド、組み込みの CI/CD、アプリケーションのデプロイなどの最適化されたワークフロー

マイクロサービスのための組み込みサービスメッシュ

マイクロサービス・アーキテクチャでは、サービス間通信のエンコードや管理が複雑になる場合があります。OpenShift サービスメッシュはサービス間通信のロジックを抽象化して専用のインフラストラクチャ・レイヤーとするので、通信の効率と分散アプリケーションの回復力が高まります。

  • インストールと更新は Kubernetes Operator 経由
  • セキュリティ重視のエンタープライズ・プラットフォームに Istio サービスメッシュ、Jaeger (トレース)、Kiali (可視性) を導入
  • 開発者をサービス間通信の責任から解放

どのインフラストラクチャでも統一された方法で Kubernetes を操作

Red Hat OpenShift 4 では、オンプレミスでもクラウドベースの環境でも、一貫性のある管理された方法で Kubernetes を使用できます。

運用および管理の制御機能が統合されていることに加え、ワークロードがインフラストラクチャから切り離されるため、システムの保守作業に費やす時間が減り、より多くの時間を重要なサービスのコーディングに使うことができます。

今すぐ始める

OpenShift のテストドライブ

業界をリードするコンテナ・アプリケーション・プラットフォームを数分で使い始められます。

Kubernetes は Linux Foundation の商標です。