ログイン / 登録 アカウント

Webinar

OpenShift 実践ウェビナー 〜エンタープライズコンテナ運用9つのコツ〜 【第3回】コンテナアプリケーションのデプロイ

2020年 2月 20日 の録画を視聴する
Jump to section

Red Hat OpenShift Container Platform は、Linuxコンテナと Kubernetes を企業向けに提供するコンテナ・アプリケーション・プラットフォームです。最新のOpenShiftを利用することで、ほとんどすべてのインフラストラクチャ (パブリックまたはプライベート) で、容易かつ短時間でアプリケーションの構築、開発、デプロイを行うことが可能です。

本ウェビナーシリーズでは、OpenShiftのアーキテクチャの概要から各種機能、運用に至るまで、各回トピックを絞ってエキスパートが説明致します。ぜひご参加下さい。

【第三回】コンテナアプリケーションのデプロイ (45min)

OpenShift上でのコンテナアプリケーションのビルドからデプロイを紹介。Developerカタログを利用したコンテナアプリケーションの方法とOpenShift APIが提供するBuildConfigやDeployConfigを解説します。

※オンデマンド聴講時の留意点
質問回答コーナーで、「Workerノードで、RHEL8をサポートしている」と講師より紹介しておりますが、現時点では未サポートと訂正させて頂いております。恐れ入りますがご留意の上、ご聴講下さい。

【OpenShiftウェビナーシリーズ:全9回】

 

Live-event date: 2020年02月20日16時よりライブ配信(オンデマンドでも視聴可能)


北山 晋吾 (Shingo Kitayama)

Cloud Solution Architect, OpenShiftアーキテクト, レッドハット株式会社

斎藤 和史 (Kazufumi Saito)

Cloud Solution Architect , OpenShiftアーキテクト, レッドハット株式会社