Red Hat のコードはオープン_

クラウドのビジョンを明確にする

オープンソースの柔軟性をハイブリッドクラウドで活用しましょう。柔軟なオープンソース・ソフトウェアで多様なクラウド環境をつなぎましょう。そうすれば、需要のシフト、業界の変化、または独自の IT の優先事項に対応するうえでハイブリッドクラウド・アプローチが役に立つ理由が見えてくるはずです。

ハイブリッドクラウド導入のプロセスを始める

背景タイル
背景タイル
火星探査車
背景タイル
背景タイル
背景タイル

ハイブリッドクラウド

丘を登る火星探査車

クラウドの競合を協力者に変える

世界で最も多く利用されているパブリッククラウドの共通点は何でしょうか。それは、そのすべてがオープンソース・ソフトウェアを基盤としていることです。それはつまり、使用するパブリッククラウド (AWS、Google Cloud、または Microsoft Azure) に関係なく、クラウド同士を自由に接続できるということです。複数のクラウドを接続したり、パブリッククラウドとプライベートクラウドをつないだりすることもできます。IT のニーズが何であれ、Red Hat はそれを実行するための柔軟性を提供します。

オープンソースとハイブリッドクラウドの詳細

エッジ

畑に埋められたセンサー機器

エッジ・コンピューティングは、柔軟なオープンソースソフトウェアから始まる

エッジ・コンピューティングによって、アプリケーション開発者、インフラストラクチャ運用チーム、そしてその間にいるすべての人々のエクスペリエンスに一貫性が生まれます。また、オープンソース・ソリューションと組み合わせると、エッジ・テクノロジーは幅広いエコシステムで機能するため、企業はあらゆる状況に適したソリューションを選択できます。エッジが Red Hat のオープン・ハイブリッドクラウド戦略に欠かせない重要な要素である理由をご覧ください。

エッジ・コンピューティングの詳細

自動化

テスト用計器に載せられた自動車

自動化で複雑さに対処

ワークロードはさまざまなクラウド・デプロイメントとインフラストラクチャに分散されるため、個別のアドホックなツールが作成され、それがチームにとって過度な負担となり、セキュリティとコンプライアンスへの対応も課題になります。ハイブリッドクラウドやマルチクラウドを使用しているかどうかにかかわらず、デプロイメントは調和して機能する必要があります。Red Hat の自動化ツールは、クラウドの複雑さにコラボレーティブなつながりをもたらします。

自動化の詳細

Kubernetes

コンベアで運ばれる荷物

Kubernetes とコンテナが可能にするハイブリッドクラウド

Kubernetes は、未来を支えるオープンソース・テクノロジーであり、新時代のエンタープライズ IT における Linux のような存在です。Red Hat は、2 番目に多くの貢献をしている Kubernetes のコントリビューター1であるとともに、Linux のエンタープライズ導入の推進者であり、コンテナをハイブリッドクラウド環境全体に、信頼性の高い方法で導入してきた実績とプラットフォームを有しています。競合するクラウド同士であっても接続可能である理由のひとつは、コンテナ管理のために Red Hat が提供する Kubernetes プラットフォーム、Red Hat® OpenShift® の存在です。

Kubernetes の詳細

データ

モニターに表示される ChRIS プロジェクトの脳スキャン画像

AI による時間短縮が放射線科医の救命活動を支援

ChRIS Research Integration Service は、オープンクラウドのソフトウェアとコンピューティング・インフラストラクチャを使用する、オープンソースの画像処理プラットフォームです。オープンソースのプロジェクトなので、世界中の人々が貢献できます。また、Red Hat のコードはオープンなので、アジャイルなクラウド・インフラストラクチャ上でのイメージング、分析、診断用のアプリケーションの構築、デプロイ、スケーリングが容易になります。

ChRIS の詳細

すべてのクラウドで同じソフトウェアを実行できるべきです

ほとんどのエンタープライズで、さまざまなクラウドがさまざまなビジネス目標のために使われています。ハイブリッドアプローチは、ビジネスのすべての領域を向上できるイノベーションを促進します。ソフトウェアはすべてのクラウドで実行できるようにする必要があり、オープンソースはそれを実現するための柔軟性を提供します。

それが、Red Hat がコードをオープンにしている理由です。

テクノロジーにおける自分の価値を知る

オープンソースは、貢献する人々がいなければ価値を持ちません。新しい Contributor Link コミュニティと、オープンソースに効果的に参加する方法について学びましょう。

コミュニティに参加する

Red Hat Summit

1 回の登録で 2 回のイベントに参加。すべて無料。

Red Hat Summit Virtual Experience で、世界中のエキスパートによるライブデモ、基調講演、テクニカルセッションにオンライン参加しましょう。開催期間は 4 月 27 日 – 28 日、6 月 15 日 – 16 日です。

今すぐ登録する

Red Hat とつながる

ハッシュタグ #CodeIsOpen を使用して、なぜオープンソースは世界を変えられると思うのか、その理由を共有しましょう。

1 Stackalytics、Kubernetes へのコミット数 (組織別)、2020 年 4 月 22 日にアクセス。